高血圧の原因、対策についてのサイト

スポンサードリンク

高血圧とは

高血圧を対策

高血圧とは、血圧の高い状態を言い血圧というのは、心臓と連動した動きをしています。

 

心臓から血液を全身に送る時には、血管の動脈の壁に大きな圧力がかかり、血管は収縮しますから、収縮期血圧とも言います。

 

また、反対に心臓に血液が戻ってくるときには、血管の動脈の壁が広がり、血管も拡張しますから、拡張期血圧といい血圧を測定するときには、腕に圧力をかけて、この2つの状態を一時的に作り出して行います。

 

高血圧は、この時の2つの値が標準よりも高い場合に表現し血圧は24時間の生活の中で、かなりコロコロと値が変わります。

 

しかし、高血圧の方は、動脈の壁を血液が通るたびに、圧力をかけ続けることになりますから、低くなることなく、高い状態がずっと続くことになり人間は常に血液が流れることで生きていけるのですが、その血液量が多く、いわゆるドロドロ状態である場合、血管そのものはボロボロになってしまうのは時間の問題です。

 

実はそれこそ、高血圧の症状で、恐ろしい事実です。

 

血圧が高いということは、血管の病気のリスクが高いと考えておいたほうが良く高血圧を気になさる方は毎日決まった時間に測定し、データを記録するのが良いでしょう。

 

特に40代を過ぎたあたりからは、自分の血圧の数値を把握しておき、高いほうなのか低い方なのかということを認識しておくことで、血管の病気を防止することができますので高血圧の対処法をしっかりと勉強していきましょう。

 

高血圧に関するページは随時追加していきます。高血圧の対策について勉強していきましょう。


スポンサードリンク

高血圧の恐ろしさ

高血圧は恐ろしいと言われるのには理由があり別名は『サイレント・キラー』と言われ自覚症状が分かりにくい症状です。高血圧は分かりにくいから怖いのです。

 

しかし、これが症状だというのは、種類もたくさんあり、なかなか見つけられないと言われています。

 

その種類、頭痛、めまい、耳鳴り、肩こり、動悸、息切れなどでどれも日常なりやすいものばかりで、ちょっと体調が悪いと起こりやすいものばかりです。

 

自分が知らないうちにいつの間にか高血圧になっていた例も沢山ありますので頻繁なチェックを心がけましょう。

 

ただし、このような症状だけで高血圧という判断をするのは難しく、やはり定期的な血圧検査をして、高い血圧であることを確認するのが賢明です。

 

気が付かないまま、血圧が高い状態が続き、食生活などいい加減にしていると、脳こうそくや動脈硬化になることがあり、この知らないうちに症状が進行していくことから、やはり高血圧は『サイレント・キラー』でとても怖いです。

 

少なくとも、あなたはメタボですと言われている方々に関しては、それだけで高血圧による病気になっている、これからそうなる可能性がかなり高いと思ってよいでしょう。

 

現在は、家庭でも簡単に計測できるものもありますし、定期健診などで血圧相談をしてくれる機会も多いので心当たりの方は、しっかりと自分の血圧について確認しておきましょう。

 

女性、子供の高血圧

スポンサードリンク

高血圧はどちらかと言うと、肥満男性に多いイメージがありますが、そんなことはありません。女性の高血圧も増えています。

 

それも、若い時には低血圧だったけれど、65歳を過ぎたあたりからは、“高血圧になった”という方が増えます。
このことは女性ホルモンと関係があります。

 

女性は、女性ホルモンによって、安定したホルモンバランスを保っていることができ、月経、妊娠、閉経という短期と長期的なリズムにより、少しずつ狂いが生じてきます。

 

そして、決定的なのが閉経です。
このときを境に女性ホルモンがいっきに減り、いわゆる更年期障害が起こる方もいます。

 

その時に、血圧をコントロールしているバランスが崩れて、それまでの低血圧や正常血圧が上がってしまうと言われています。

 

誰にも危険性をはらんでいますが、閉経後の自分の体については、なってみないと分からないことから、常日頃自分の血圧に関しては、知っておくことが良いでしょう。

 

 

高血圧は子供にもある?答えはYESです。
中年男性に多いと言われる高血圧ですが、最近では子供にも多いと言われています。

 

子供が血圧を測っている姿は想像しにくいですが、診察を受けると、実は高血圧ですという意外な事が多いようです。

 

そして、もっと興味深いのが、その原因が生活習慣病と深い関係があることです。
考えられるのは、遺伝で親と一緒の体質を受け継いたことにより、すぐに血圧に反映してしまうことです。

 

そして、特に問題にしたいのは、日頃の生活習慣です。
食生活の乱れと慢性的な運動不足が、子供の血圧を脅かしていると言えます。

 

食べ物に関しては、野菜不足、ジャンクフードの食べ過ぎ、清涼飲料水の飲み過ぎなどが挙げられますが本人のせいではありませんから、家庭内の食事の見直しが必要な部分です。

 

それと同時に、元気に走り回り、運動をしているか?ということで、お腹がすくまで遊ぶのではなく、ゲームや室内あそびが多い子供たちに特に危険信号が点灯します。
食事に関しては、親の責任です。

 

ついつい塩分の多い、糖分たっぷりの食べ物をつい子供に与えているという方、危ないかもしれません。

 

肥満ではないから大丈夫ですと言い切れることはないと思ってください。

 

高血圧と同時に生活習慣病の診断を受ける子供たちも急増しています。

サイトマップ