夜間高血圧の症状とチェック

夜間高血圧の症状

高血圧の方は最近増えていますが、いくつか種類があります。

 

家の血圧計では正常なのに病院では血圧が高い、そしてその反対のタイプもあります。
通常、人間の体は昼間活動的な時に血圧が高くなります。

 

就寝前には低くなるのが通常ですが、夜間高血圧といって、就寝中に血圧が高くなる方がいらっしゃいます。

 

この時間での血圧測定が困難なことから、昼間の正常な血圧の時に高血圧の診断を受けないことが多く、高血圧の発見が遅れます。

 

主な症状としては発作が起きる可能性もあるとされていますが、昼間の体に自覚症状がないのが難点です。

 

夜間高血圧のチェックは、朝起きたら布団から出る前に血圧をすぐに測定する事です。

 

これにより、自分が夜間高血圧なのかの確認をするしかないでしょう。

 

この時の血圧が、最大血圧120mmHg以上、最小血圧が70mmHgの場合には、夜間高血圧の判断を受けることになります。

 

就寝前にも血圧を測定してみて、昼間は正常なのに高い数値であるなど、気になる時には病院できちんと検査をしてもらう方が良いです。

 

具体的な症状がないからといって、そのままにしておかない方がよいでしょう。高血圧としては、怖い部類に入るものです。

 

普段の生活でも塩分を控えるなどの工夫も必要です。

スポンサードリンク

夜間高血圧の症状関連ページ

夜間高血圧の予防
就寝前にお風呂に入って、興奮状態を鎮めるのも良いですが、この時には血圧を下げるために低温の湯船につかってください。
夜間高血圧の治療
夜間に血圧を上げる要因が分かれば、利尿剤と同時に治療をしていくことになります。
夜間高血圧になりやすい体質
肥満と様々な血液に関する疾患がある場合は、夜間高血圧になりやすいとされています。