夜間高血圧を事前に予防

夜間高血圧の予防

夜になると、人間の体は副交感神経が働き、血圧が下がります。

 

ところが夜間高血圧になると、反対に交感神経が働いて、興奮状態に陥ります。

 

本来休まなくてはならない時に、体が異常な興奮になることは避けたいところです。

 

このように夜間高血圧にならないために、普段からの生活に気をつけましょう。
基本的には、高血圧にならない生活をすることになります。

 

就寝前にお風呂に入って、興奮状態を鎮めるのも良いですが、この時には血圧を下げるために低温の湯船につかってください。

 

39度くらいのお湯に20分程度というのが基本です。
入浴後2時間以内に眠りにつくのが理想です。

 

夜間高血圧の原因とされるのは食べすぎや塩分の摂り過ぎにあるとされています。

 

就寝前3時間は何も口にしない(水分はOK)、普段から塩分を控えた食事を取るなどの工夫が必要です。

 

そして、肥満体質の方は、ダイエットがお勧めです。

 

体重が1キロ減量することで、血圧が約4mmHg程度下がるというデータがあります。

 

健康的な食事と適度な運動を行い、就寝前に興奮するようなことを避けるのも大切です。

 

夜間高血圧と言っても、結局は昼間の活動にかかっているとされますから、普段の生活の見直しをすることで、高血圧を避ける事が大切です。

スポンサードリンク

夜間高血圧の予防関連ページ

夜間高血圧の症状
夜間高血圧の治療
夜間に血圧を上げる要因が分かれば、利尿剤と同時に治療をしていくことになります。
夜間高血圧になりやすい体質
肥満と様々な血液に関する疾患がある場合は、夜間高血圧になりやすいとされています。