夜間高血圧になりやすい体質

夜間高血圧になりやすい体質

夜間高血圧の場合、様々な要因が重なってしまうとされています。

 

血圧が高くなるということは、血管内の状態がよくないことが考えられますが、一番の原因は塩分が多い点です。

 

これは日頃の食生活に原因があります。
また、肥満の方は、血圧に負担が常にかかっていることから、夜間高血圧のリスクも高くなります。

 

体質でいうと、肥満と様々な血液に関する疾患がある場合は、夜間高血圧になりやすいとされています。

 

肥満と関係するもので、睡眠時無呼吸症候群、うつ病などの睡眠障害です。
寝ているはずの時に睡眠が摂れていない事で、血圧が上昇します。

 

脳に酸素がいかないことで、覚醒状態が続いたまま、本人は睡眠しているつもりになります。

 

高血圧の体質は遺伝することが多いと言われていて、それも若い時には正常でも中年以降に測定すると高くなっているということが多いです。

 

血圧の管理に関しては、毎日の暮らしで予防改善ができます。

 

塩分を控え、薄味のバランスの良い献立の食生活と適度な運動の持続が重要な鍵を握ります。

 

もし、夜間高血圧になりやすい体質だとしても、生活習慣を変化させることで、改善の余地は多いでしょう。
治療の利尿剤も並行して使用することも大切です。

スポンサードリンク

夜間高血圧になりやすい体質関連ページ

夜間高血圧の症状
夜間高血圧の予防
夜間高血圧の治療