夜間高血圧と不眠

夜間高血圧と不眠

夜間高血圧にかぎらず、高血圧の方は不眠に悩んでいる方が多いです。

 

これは、血圧が高いから眠れないのと、眠れないかに高血圧になるという両方の原因が考えられ、明確な解明はされていないのが現状です。

 

ただ、夜間高血圧に多い睡眠時無呼吸症候群なども原因としてあがりますが、これは肥満体型の方に多いので、限定的と言えるのですが、何らかのことが睡眠を邪魔しているといえます。

寝れないことで悪循環に

睡眠時間をしっかり確保できないことで、昼間の活動が緩慢になります。

 

そして、交感神経がしっかりと働かないことで、夜の副交感神経の働きに影響が出て、夜間高血圧になり、また眠れなくなってしまうという悪循環に陥ります。

 

最近では、睡眠導入剤などの服用などで、不眠の治療も積極的に行っていますが、もともとの高血圧の部分の治療をきちんと行なうことが必要です。

スポンサードリンク

ストレスもNG

不眠になると、それだけストレスになって、そのことがまた高血圧の原因になることもあります。

 

眠れないかな?と思った時点で、医師に診断を受けることをおすすめします。

 

睡眠時無呼吸症候群の場合は、その治療も併せて行なうことが急務となってきますから、気をつけましょう。

 

また、不眠の原因として、薬の服用も影響していることがあります。

夜間高血圧と不眠関連ページ

夜間高血圧の症状
就寝前には低くなるのが通常ですが、夜間高血圧といって、就寝中に血圧が高くなる方がいらっしゃいます。
夜間高血圧の予防
就寝前にお風呂に入って、興奮状態を鎮めるのも良いですが、この時には血圧を下げるために低温の湯船につかってください。
夜間高血圧の治療
夜間に血圧を上げる要因が分かれば、利尿剤と同時に治療をしていくことになります。
夜間高血圧になりやすい体質
肥満と様々な血液に関する疾患がある場合は、夜間高血圧になりやすいとされています。