収縮期高血圧の原因

収縮期高血圧の原因

収縮期高血圧の原因のほとんどが動脈硬化です。

 

そして、高齢になるほどそのかかる率は高いです。

 

加齢が原因と言うわけではなく、そうなってしまう食習慣や生活習慣が、高齢になった時に収縮期高血圧の症状になってしまうと言っても良いでしょう。

動脈硬化が原因

人間の体は当然老化しますから、動脈硬化になる可能性は高くなります。

 

しかし、収縮期高血圧のような症状が出ずに済むこともありますから、診断を受けてからの医師の指導などはきちんと守りましょう。

 

ですから、収縮期高血圧になる原因は動脈硬化の原因と同じと言っても過言ではありません。

スポンサードリンク

動脈硬化にならない生活をしよう

具体的には。コレステロールの摂り過ぎ、運動不足、喫煙やストレスなどです。これらのことに気をつけることで、動脈硬化にならない生活をすることが、収縮期高血圧を予防改善するでしょう。

 

少しでもおかしいと思った時には、医師の診断を受け、動脈硬化の治療も受けることで、より収縮期高血圧の改善に繋がると思ってよいでしょう。

 

まだ、動脈硬化程度ですと、すぐに生命に危機になることは少ないのですが、症状がひどくなって心筋梗塞や脳梗塞になる前に対処することは必要です。

 

そうならないためにも、早期発見とともに予防と改善は心がけましょう。