収縮期高血圧の対策とは

収縮期高血圧の対策

収縮期高血圧の対策は、普通の高血圧の予防と考えてよいでしょう。

 

収縮期と言うのは心臓から全身に血液を送る時です。

 

動脈の壁に大きな圧力がかかって、健康な方でも血管は収縮します。

 

その時に血圧が高いということは、

 

・血液がドロドロ
・血管もボロボロ
・血液量が多過ぎることなどが考えられます。

 

これらは、すでに動脈硬化になっている可能性の高いです。

 

そうならないためにも、収縮期高血圧の初期と診断された場合には、即血圧を下げる対策が必要になります。

 

普段から、

 

・塩分の少ない食事
・野菜をたくさん食べる
・程よい運動習慣を身につける
・禁煙と禁酒を頑張るなどの対策が有効です。

 

本気でこれらのことを実行することで、収縮期高血圧は良くなっていくとされています。

 

ただし、勝手な判断で行なうのではなく、必ず医師の指導を受けてから実行してください。

 

この中で全て困難という方も多いですが、特に禁煙と禁酒に関しては、急に中止することで強いストレスがかかったりすることもあります。

 

また、食事に関しても、断食に近い行動も脳内ストレスなどでかえって逆効果になります。

 

そうなっては対策が台無しになりますからも注意してください。

 

あくまでも急がず、自分の体を思って収縮期高血圧にならないよう気をつけましょう。

スポンサードリンク

収縮期高血圧の対策関連ページ

収縮期高血圧の原因
収縮期高血圧になる原因は動脈硬化の原因と同じと言っても過言ではありません。
収縮期高血圧の治療
安易な降圧剤の服用により、急な血圧の下降によって、返って危険なことも多いです。