収縮期高血圧の予防

収縮期高血圧の予防

収縮期高血圧の予防としては、普通の高血圧予防でOKです。

 

血圧が高くならない生活で、ポイントになるのは、食事と運動です。

 

基本的に、肥満の方はどうしても血圧は高くなりがちですから、標準体重以上の方は痩せることが収縮期高血圧の予防になります。

 

また、その痩せる方法として、食事と運動を上手に取り入れることは絶対で、食べないで痩せると言うよりは、摂取カロリーをより消費する運動を進めることです。

 

当然食べなければ痩せることもできますが、極端なカロリー不足は、返って血圧を不安定にします。

 

ですから、収縮期高血圧の予防としてのダイエットは、正しい食事療法と運動療法が必要です。

 

食事では塩分の加減が大切です。

 

血圧が高くなる原因は、塩分と言っても過言ではありません。

 

薄味になれて、徐々に痩せていく、血圧を安定させることです。

 

動脈硬化が原因の収縮期高血圧は、こうした健康体になることが何よりも大切です。

 

薬に頼るのではなく、自力で血圧を安定させることを頑張ってみてください。

 

しかし、なんとか痩せなくちゃとストレスがかかることも血圧を上げることもありますから、ゆっくりと焦らず医師の指導を受けながら行いましょう。

 

初期であれば、比較的早くに結果が出るはずです。

スポンサードリンク

収縮期高血圧の予防関連ページ

収縮期高血圧の原因
収縮期高血圧になる原因は動脈硬化の原因と同じと言っても過言ではありません。
収縮期高血圧の治療
安易な降圧剤の服用により、急な血圧の下降によって、返って危険なことも多いです。
収縮期高血圧の対策
収縮期高血圧の初期と診断された場合には、即血圧を下げる対策が必要になります。