カテキンで血圧を下げる

カテキンを摂取して血液に健康を

スポンサードリンク

カテキンは、高血圧の方が摂取することで、血液の健康を保つことができます。

 

主にお茶などに含まれていますが、独特の渋みがカテキンです。

 

これは、ポリフェノールの一種で、血中のコレステロールの値を低下させ、活性酸素の除去に効き目がある点で、血圧に大きく関係します。

 

また、脂質の吸収も抑制すると言われていますから、肥満対策としてカテキンを多く摂るようにすると、高血圧のリスクも軽減されます。

 

カテキンというと、お茶が一般的です。
お茶のカテキンは茶カテキンと言われるもので、その他にはテアニンという成分もあります。

 

この二つがあることで、降圧作用と抗酸化作用があると言われています。

 

身近なお茶を飲むことで、高血圧の改善と予防ができるということです。

 

心身ともにリラックスできるものですから、温かいお茶を飲む習慣をつけることで、血管拡張の役目もします。

 

血行が良くなって、血圧の値も安定します。
お茶を飲むときには、湯呑みの底に残った茶葉なども一緒に口の中に入れましょう。

 

そうしたほうがより血圧にダイレクトに効果があると言われています。

 

毎日のお茶の習慣が、血圧に効く、生活習慣病に効果があるというのは、習慣化しやすい食材なだけに、続けられることは簡単かもしれません。

 

緑茶に生姜をすって入れると高血圧の改善となります。是非お試しください。

スポンサードリンク