高血圧の予防にビタミン|血圧を下げる方法

高血圧の予防にビタミン|血圧を下げる方法

高血圧の方はビタミン不足にならないように気をつけましょう。

 

たくさん種類のあるビタミンはそれぞれに機能があります。

 

その中でもビタミンCやビタミンPは血管を強くします。

 

あまり聞きなれないビタミンPはそばに多く含まれています。
またビタミンEは末梢血管の血液の循環をよくして、血管を守ります。

 

このように、それぞれのビタミンは血液や血管にとても効果的な働きをすると言われています。

 

高血圧の方で注目していただきたいのは、ビタミンB2の働きです。

 

これは、老化防止にもなりますし、過酸化脂質の生成を防止し、コレステロールや中性脂肪を減らす働きがあるため動脈硬化の予防ができます。

 

体脂肪を減らすという面においてだけではなく、発育に欠かせないものとして、高血圧に関係なく食べて欲しい栄養素です。
ですから、ビタミンは生活習慣病の予防に、欠かせない栄養素です。

 

ビタミンというと、野菜や果物に多く含まれていますが、植物油や豆類、卵類などに多く含まれています。

 

また、野菜などから摂る水溶性ビタミンに関しては、食べ過ぎたとしても、体外に自然と流れてしまう性質から、摂取量を気にしなくても良いというメリットもあります。

 

高血圧の方にこそ、ビタミンを意識して、野菜を中心とした食生活を送ることは、改善と予防におおいに期待ができます。

スポンサードリンク

高血圧の予防にビタミン|血圧を下げる方法関連ページ

カリウムを取り入れよう
ミネラルであるカリウムは、野菜や果物に含まれていて、体内にある余計なナトリウムを体外に出す働きをします。
タウリンを取り入れよう
タウリンは、体内に入ると、血圧が高いと正常値に戻そうとしたり、細胞の活動をもとに戻す力があります。
カルシウムを取り入れよう
実は、深い関係の持つことで、カルシウム不足が続くことで、血圧が上がってしまうと言われています。
マグネシウムを取り入れよう
マグネシウムを摂らずにいると、高血圧になってしまうということが言えます。
ミネラルを取り入れよう
塩分もそこそこ摂れて、ミネラルも豊富に摂れる天然塩を使うことをオススメします。
ローヤルゼリーを取り入れよう
美容に効き目があると一般的なローヤルゼリーですが、体内に入ると、血圧に良い効果があります。
高麗人参を取り入れよう