ストレスは高血圧の原因に

ストレスの影響

スポンサードリンク

ストレスは高血圧の原因であり、悪化させる要因があります。

 

普段自分が感じているストレスの中でも、きついなぁというものは、精神的にも不安定な状態になりその時には、脳内でもしんどいと感じていることで、脳の視床下部からホルモンの分泌を多く出しています。

 

これは、交感神経を通じて、ストレスに負けないよう、体を活発に動かせようとする働きで、そうなると元気になってきますが、高血圧を下げることに関して精神的にはあいかわらずしんどいままです。

 

ストレスを感じながら心拍数は上がって、血管が収縮していくことになり交感神経は緊張を続け、ナトリウムの排出機能が低下していき、血液内は、ドロドロとしたものが多く、血管内を走り抜けるというものです。

 

ナトリウムの排出が低下したら結果高血圧になります。

 

そして、血圧はどんどん上がる現象になりこれが、ストレスが血圧に与える影響になり血圧を上げる原因となります。

 

自分がストレスと感じるものは、多少のことならば、生きていく過程であるものですが、しんどいかなと感じた時点で、副交感神経を刺激するようなリラックスできる時間を作ることが大切です。

 

そこで、暴飲暴食に走るのは絶対厳禁。
タバコはストレス解消と言いますが、血管を細くする影響があるので禁煙をおススメします。

 

楽しい会食、気のおけない仲間との会話、趣味、気分転換などが、ストレス解消になり高血圧の症状を鎮めると言えるでしょう。

スポンサードリンク