タバコは高血圧の原因に

喫煙はリスクが高い

スポンサードリンク

高血圧の方の禁煙は絶対です。当たり前のことですが高血圧を下げるには禁煙です。高血圧の一番の敵と言っていいでしょう。

 

煙草が血圧にどう影響するかというと、煙草に入っているニコチンは体内に入ると、ホルモンに変化が現れ交感神経を刺激して、血圧を上げます。

 

その時に一瞬血管を縮ませます。寝起きの一服で頭がクラクラする経験がある方、その時は、脳内血管が縮んでおり同時に煙草にふくまれる一酸化炭素が血液の中の酸素を減らしますから、血液の量が増えることになります。

 

要するに、血管が縮んだ上に、血流が増える。これは高血圧の方にとっては、症状を悪化させることそのものです。
ですから、禁煙が絶対条件になります。

 

ただし、喫煙者を援護するわけではないですが、喫煙者にとって、一種のストレス解消になっていることが多くあります。

 

そんな時には、高血圧とは言え、煙草を我慢している事自体、体内に強いストレスとなって血圧を上げることもあり、禁煙は難しい人も多いでしょう。

 

しかし、そうして、一時のストレス解消が高血圧を悪化させているということを再認識することで、少しずつ本数を減らし最終的には禁煙をすることをオススメします。

 

 

高血圧を下げるには医師から、最終的な勧告を受ける前に、自発的に禁煙が理想的で禁煙をすると、その他の病気のリスクもぐっと減るメリットも多いこともあります。

スポンサードリンク