お酒の飲み過ぎは高血圧の原因に

アルコールは控えよう

スポンサードリンク

高血圧の改善にはお酒が深く関係し、お酒を飲むということは、体内にアルコールを入れることになります。高血圧を下げるには控える気持ちが大事です。

 

ただし、少量については、血行を良くして良薬となりますがここで言うお酒とは、その様なものではなく、飲まなくてはならない体になっていたり、深酒になることです。

 

アルコールは、血管を広げますが高血圧の方は、血管が縮むことで症状が悪化するので、広がることで一時的に血圧が下がり、一見良いのでは?と思われます。

 

しかし、これが落とし穴でこのまま飲酒を続ける事で、体内の代謝を遅らせることになり特に問題なのは、ナトリウムの分解が遅くなることで、一度下がった血圧が高くなり続けます。

 

まさに、このときこそ高血圧の方にとってお酒がいけない点で降圧薬は、利尿作用が多いと言われていますが、お酒を飲んでも利尿が進みます。

 

ところが、この時の利尿は降圧薬とは違い、肝心のナトリウムがない単なる水分だけになり、そうすると、ますます体内の水分がなくなり高血圧はひどくなるという悪循環に陥ります。

 

 

このように、適度の少量のお酒以外、高血圧の方には飲酒は注意が必要と言え、お酒は最初は少量で満足していたのが少しずつ多くなる常習性のあるものですから原則禁酒の方向にしたほうが良いというのは、このような理由からです。

 

高血圧でお悩みの方は、禁酒または少量(日本酒1合以下)をオススメします。

アルコールはカリウム、カルシウム、マグネシウムを消費する

高血圧とアルコールに関しては、少しだけの量をたまに飲むだけという場合は、問題ないと言えます。

 

ただし、これが日常的な晩酌、それも大量というのではあれば、大問題。

 

高血圧の方にとっては、血圧をどんどん上げる結果になってしまいます。

 

アルコールは、少し飲んだだけでも、心拍数が上がり、血液の循環が良くなります。

 

しかし、大量に飲むことで、そのことすらも意識できないほどになりますが、体内では大量のカリウム、カルシウムやマグネシウムを消費し、肝臓がフル回転してしまいます。

 

これは、急激に血圧を上げることになって、体調の変化も著しくなってしまいます。

 

また、アルコールと一緒に食べるつまみにしても、塩分を多く含むものや脂が多い食べ物は、血圧にダイレクトに響いてしまい、アルコールとこれらの代謝で、血圧がピークに達してしまいます。

 

こういったことから、高血圧の方はアルコールに関しては、医師から禁酒を言い渡されている方は絶対に飲まない方が良いですし、そうではない場合でも、あまりアルコールと縁のある生活をしないほうが良いと言われています。

 

飲まないのが一番ですが、少しの量をたまに、例えばコップ1杯のビールやおちょこ1杯の日本酒だけで満足という場合は、ストレス解消のために少しは許されることが多いようです。

スポンサードリンク