高年期になると血圧が上がる

高齢者は注意

スポンサードリンク

高血圧は、どんな方もなる可能性がありますが、特に高年期と呼ばれる60歳代以上の方は注意が必要です。

 

現在、60歳以上で60%、70歳以上で70%以上の方が、高血圧の症状があると言われています。

 

特徴的なのは、収縮期血圧が高く、拡張期血圧が低いという、血圧に大きな開きがある部分です。

 

特に問題なのは、収縮期血圧、俗に言う上の血圧の値が極端に高いことで、それだけで、合併症にリスクが高くなってしまうと言われてこの年齢になると、各臓器への血流が減っていきます。

 

それなのに、血圧が高いということは、既に血管壁がもろくなっているのに、臓器への血流が少ないということは、押し出す力が弱っているのに、血液そのものの量が変わらないということで、ますます高血圧になるリスクが増大していると言えます。

 

高年期になると、当然若い時とのライフスタイルは変わっていると思います。

 

しかし、若い時と同じような生活をしていたり、食生活を変えずにいることで、血管年齢は自分の年以上のものとなってしまいます。
食生活でもカロリーの高いものや濃口の味付けは控えましょう。

 

更年期だからということではないですが、しっかりと検診を受けて、自分の体を知ることが大切です。

 

 

医師や看護師から言われる事柄を守り、高血圧による合併症を起こさないようにする、起きている方は、少しでも改善の方向に行くことが長生きの秘訣になります。

スポンサードリンク