悪玉コレステロールの体が高血圧の原因に

高血圧と悪玉コレステロール

高血圧の方は、コレステロールの摂り方にも注意が必要です。

 

コレステロールとは、脂質の一種で、良いものと悪いものがありますが、高血圧で問題になるのは、よく言われる悪玉コレステロールのことです。

 

高血圧の方にとっては、血管が丈夫である程度の広さがあることが大切ですが、この悪玉コレステロールは、脂肪として血管壁にくっついたり、酸化をしてしまうことになります。

 

それでは、勢いのある高血圧の血流の通り道がますます狭めてしまうことになってしまいます。

 

又、コレステロールの値が高いことで、血圧の調節機関がマヒして、血圧を高めてしまう事もあると言われています。

 

要するに、悪玉コレステロールの体でいる事そのものが、高血圧にしてしまうことになります。

 

ですから、高血圧の診断を受けることで、悪玉コレステロールは、絶対に体内に入れないくらいの気持が大切かもしれません。

 

しかし、毎日の食生活で、それは無理の場合もありますから、体内に摂り入れられた悪玉コレステロールを排除することを考えれば良いわけです。

 

その鍵をにぎるのが、食物繊維です。
普段から、食物繊維の食材を食べることで、悪玉コレステロールを減らすことができます。

 

又、腸内環境を良くすることで、早々に悪玉コレステロールを排出してしまう事ができるというのですから、食生活に気をつけてみてください。

スポンサードリンク

高血圧と悪玉コレステロール関連ページ

肥満、運動不足について
遺伝、塩分の摂りすぎ、肥満、アルコール、喫煙、運動不足、ストレス、加齢などを気をつけましょう。
ストレスの影響
遺伝、塩分の摂りすぎ、肥満、アルコール、喫煙、運動不足、ストレス、加齢などを気をつけましょう。
喫煙はリスクが高い
遺伝、塩分の摂りすぎ、肥満、アルコール、喫煙、運動不足、ストレス、加齢などを気をつけましょう。
アルコールは控えよう
遺伝、塩分の摂りすぎ、肥満、アルコール、喫煙、運動不足、ストレス、加齢などを気をつけましょう。
高齢者は注意
高血圧は、どんな方もなる可能性がありますが、特に高年期と呼ばれる60歳代以上の方は注意が必要です。
高血圧と低血圧
自分の血圧の数値を確認し、低血圧である場合は、治療などほかに毎日の暮らしを見直すことがポイントです。
悪性高血圧とは
別名高血圧緊急症と言われ、すぐに血圧が高くなる、そのときにすぐに降下のための治療を行わなければ危険な状態になってしまうなど、とにかく危険な高血圧とされています。