高血圧と寝不足

高血圧と寝不足

血圧と睡眠の関係はとても深いです。
特に、睡眠不足に関しては、さまざまなリスクが言われていますが、高血圧になりやすいと言われています。

 

・異様なテンション

 

徹夜をしたり、あまり寝ていない体は、どこか興奮をしていることがあります。

 

あまり自覚はないものの、体調が悪いのではなく、意気揚々としていて、徹夜なんて平気、元気と思うことが多いでしょう。

 

ところが、それが危ないのです。

睡眠中に起こっていること

体が眠るということは、活動的な交感神経から、休息の副交感神経が優位に立ちます。

 

神経がリラックスさせることで、血圧が下がります。

 

24時間の中で、この副交感神経が活発になることは、血管などを休ます働きもあります。

 

それが睡眠をしないことは、24時間交感神経が盛んになっています。

 

それは、血圧が上がりっぱなしということで、血圧が常に高く、高血圧の状態を作ります。

スポンサードリンク

眠れないと寝られない

不眠の場合は治療をおすすめします。

 

睡眠薬ではなく、睡眠導入剤などで、体に負担なく入眠できるものが多いです。

 

仕事などで寝られない場合は、無理をしてでも睡眠時間の確保が必要でしょう。

 

加齢とともに高血圧のリスクが高まり、当然脳卒中や心筋梗塞になってしまうこともあります。

 

そうなると、高血圧が引き金になる死の恐怖もあるということなのです。

高血圧と寝不足関連ページ

肥満、運動不足について
遺伝、塩分の摂りすぎ、肥満、アルコール、喫煙、運動不足、ストレス、加齢などを気をつけましょう。
ストレスの影響
遺伝、塩分の摂りすぎ、肥満、アルコール、喫煙、運動不足、ストレス、加齢などを気をつけましょう。
喫煙はリスクが高い
遺伝、塩分の摂りすぎ、肥満、アルコール、喫煙、運動不足、ストレス、加齢などを気をつけましょう。
アルコールは控えよう
遺伝、塩分の摂りすぎ、肥満、アルコール、喫煙、運動不足、ストレス、加齢などを気をつけましょう。
高齢者は注意
高血圧は、どんな方もなる可能性がありますが、特に高年期と呼ばれる60歳代以上の方は注意が必要です。
高血圧と低血圧
自分の血圧の数値を確認し、低血圧である場合は、治療などほかに毎日の暮らしを見直すことがポイントです。
悪性高血圧とは
別名高血圧緊急症と言われ、すぐに血圧が高くなる、そのときにすぐに降下のための治療を行わなければ危険な状態になってしまうなど、とにかく危険な高血圧とされています。
悪玉コレステロールに注意
コレステロールの値が高いことで、血圧の調節機関がマヒして、血圧を高めてしまう事もあると言われています。