血圧が高いときの対処法

高いときには

高血圧の方が普段から血圧が高いのは、仕方のないことです。

 

決して投げやりな言い方ではなく、常に高い状態が続く時ことで、高血圧の診断を受けることになるということです。

 

しかし、それでも急に高くなってしまったりすることもあり、人間の血圧は、1日で10万回も変化をすると言われています。

 

これは、活動時間と比例するからですが、朝と夜は比較的低く、昼間の活動時に高くなるというのが正常ですが、高血圧の方は、低くなるはずの朝や夜も昼間と同様に高くかなり続けています。

 

特に血圧が高いときは、食事・運動・排便の生命維持に大切な行動、イライラしている時・興奮をしたとき・緊張した時の状況によって変化をする時、急に冷たい空気に触れた時は、環境によって左右される時です。

 

高血圧を下げるにはなるべく興奮は避けるべきです。

 

そして、本来は絶対に避けて欲しい喫煙と飲酒時も血圧が高いときと言われ、こうした時に気をつけるだけでも、高血圧の症状を抑えることができます。

 

今血圧が高い時とわかる時もありますが、たいていはわからずに上がったままということもありますので高血圧であるからこそ、自分の血圧パターンを知っておくことが大切です。

 

それには、決まった時間に同じ条件で何日か測定することで、自分の血圧がどう変化するか確認をすることをオススメします。

 

 

このデータがあると、血圧が高い時、今上がったようだ、ということがわかりやすくなります。

 

スポンサードリンク

血圧が高いときには関連ページ

血圧を下げよう
野菜を多く摂取して、血液の流れを良くして、血管を強くすることを意識してみてください。
ストレッチの効果
ストレッチはゆっくりとした動作で、呼吸をしつつ行うことで、高血圧そのものも穏やかに下げる効果があります。
ジョギングで改善
ジョギングで高血圧を改善の場合は、あくまでもマイペースを守ることと、スピードアップは慎重に行うこと。
マッサージで血圧下げる