高血圧ストレッチの効果

ストレッチの効果

高血圧を改善するには運動を勧められることもよくあります。

 

医師が運動をしていますか?という質問をされることは、体を動かすことが、血圧を下げる効果がある方、ということになります。

 

というのは、中には体をむやみに動かさないほうが良いケースもあると言われています。

 

運動ね、これがなかなかできないという方も多くいらっしゃいますが、ストレッチなら、毎日続けられるのではないでしょうか?でも高血圧を下げるには毎日続けることが大事です。

 

運動前に行う準備体操的なものと考えて良いのですが、ストレッチの効果は、関節が柔らかくなり、筋肉もリラックスしますので、体の緊張感がとけて、気持ちも良くなります。

 

その後運動をすることで、怪我をしなくなると言われていますし、運動後の疲労も少なくなりストレッチの基本は、普段使われない筋肉を伸ばすことです。

 

手、足、腰などを気持ちよく伸ばすことで、ストレッチになりますが、このときには必ず呼吸をし続けることと反動をつけて勢いよく行わないことがポイントで息を止めるとそのまま心臓に悪影響を与えますし、筋肉にも程よい酸素が行き渡らなくなります。

 

また、反動をつけたのでは、反対に筋肉を傷める原因につながります。

 

ですから、ストレッチはゆっくりとした動作で、呼吸をしつつ行うことで、高血圧そのものも穏やかに下げる効果があります。

 

スポンサードリンク

ストレッチを毎日して血圧を下げる

血圧を下げる効果のある運動としてストレッチがあります。

 

ストレッチをすると、血行が良くなります。
また、激しい運動ではなく、ゆっくりとした動作で、自分のペースで行えることから、高血圧の方も行なうことができます。

 

高血圧の方の中には、いくら体に良い運動でも、逆効果になることもあります。

 

例えば、全身の血行が良くなることで、急な血圧の上昇や反対に血圧の急降下で、症状がひどくなってしまうこともあります。

 

ですが、ストレッチの場合、息を切らしたりすることはなく、じっくりと体を動かすことが主な運動になります。

 

運動と言うよりは体操に近いものですから、血圧にも良いですし、体の負担も少なくて済みます。

 

どのようなストレッチも 筋肉を伸ばす、正しい姿勢を短時間行なうといったものばかりです。

 

スキマ時間でできるものばかりなので、自分が行い易いストレッチを行ってみてください。
全身の力が抜け、リラックスしていくのがよくわかります。

 

それこそ、全身の血行が良くなって血圧が下がっている証拠です。

 

無理な姿勢は絶対に取らず、体調を考えて、一日数分のストレッチを長期間続けてみてください。

 

続けるうちに血圧が安定してきて、正常値に近づくとされています。

 

高血圧ストレッチの効果関連ページ

下げる方法
野菜を多く摂取して、血液の流れを良くして、血管を強くすることを意識してみてください。
高いときには
決まった時間に同じ条件で何日か測定することで、自分の血圧がどう変化するか確認をすることをオススメします。
ジョギングで改善
ジョギングで高血圧を改善の場合は、あくまでもマイペースを守ることと、スピードアップは慎重に行うこと。
マッサージで血圧下げる