マッサージで血圧下げる

マッサージで血圧下げる

高血圧とマッサージの関係ですが、効果ありの報告があります。

 

マッサージをする場所は、首や肩周辺。

 

なぜここなのか?というと、血圧の調節を行うためのセンサーのようなものが、首の前下の奥に存在します。

 

そのあたりの緊張をほぐす、マッサージを行うことで、リラックス状態になり、血圧が下がると言われています。

 

もし緊張状態が続くと、脳へつながっている血管が強く圧迫され、脳への血液循環が悪くなります。

 

その状態を防ごうと、今度は心臓が働くことになり、血圧が上がってしまうことになります。

 

ただ、首周辺のマッサージは優しくが基本で、気持ち良い程度が目安になります。

 

長時間のマッサージも悪影響で、リラックス状態にもっていくことがポイントです。

 

また、高血圧のマッサージでは、首周辺ばかりではなく、指や腕、足、頭も同様に優しくマッサージをすると良いと言われています。

 

これは、マッサージで、血管の内皮細胞を伸縮させることで、血管が広がるようです。

 

血管が広がることで、血圧は下がっていくということになります。

 

高血圧のマッサージに関しては、医学的な根拠はないものの、上手なマッサージで、血圧の状態が安定しているとか、高血圧の症状がよくなったとも言われています。

スポンサードリンク

マッサージで血圧下げる関連ページ

下げる方法
野菜を多く摂取して、血液の流れを良くして、血管を強くすることを意識してみてください。
高いときには
決まった時間に同じ条件で何日か測定することで、自分の血圧がどう変化するか確認をすることをオススメします。
ストレッチの効果
ストレッチはゆっくりとした動作で、呼吸をしつつ行うことで、高血圧そのものも穏やかに下げる効果があります。
ジョギングで改善
ジョギングで高血圧を改善の場合は、あくまでもマイペースを守ることと、スピードアップは慎重に行うこと。