拡張期高血圧の原因と対策

拡張期高血圧の原因

スポンサードリンク

高血圧の中でも下の血圧が高いのは拡張期高血圧といいます。

 

もともと、高血圧の初期症状と言われていますから、原因としては、高血圧になるような暮らしをしていることです。

 

その他は、若年層の高血圧とか、遺伝、食事なども言われていますが、これといってのは特定されていません。

 

血圧を測った時に、下が高いというだけで、一応用心しておくと良いということです。

 

高血圧になるということは、血管の老化を指摘されますが、実際年齢に関係なく、硬くなり、血液の流れが悪くなるだけで、数値は簡単に上がるともいわれています。

 

ただし、拡張期高血圧に関しては、特に若い方が多いと言われていますが、これは血管が若いので、血流に勢いがあるから、という説もあります。

 

常にふんだんに血液が血管を流れるからこそ、下の血圧が高くなって、拡張期高血圧になると言われています。

 

おかしな話ですが、若い血液、柔軟な血管、老化をしていないのもかかわらず、拡張期高血圧になってしまうことがあると知っておくとよいでしょう。

 

 

このようなことは、常に自分の血圧について知っておくことが大切になりますから、年は関係なく、20歳を過ぎたら、健康診断などを受けるようにしましょう。

 

どうやら若いから大丈夫というものではないようです。

 

血圧を気になさる方は下の血圧も注意しましょう。

スポンサードリンク

拡張期高血圧の原因記事一覧

拡張期高血圧の症状

拡張期高血圧は下の血圧が高い状態が続くことになります。こういう症状になりますと言うのは、よほど血管の病気にかかっている場合ですが、血管の病気にかかりやすいと言われています。これもひとつの高血圧の症状ですから、上の値が正常でというところを考えるのではなく、高い下の血圧値に対して反応をしたほうが良いでし...

≫続きを読む