拡張期高血圧の治療について

拡張期高血圧の治療

拡張期高血圧の場合の治療は、食事療法から入ります。

 

その中で強く言われるのは、食塩の摂り方で食塩は血圧を上げると言われるものですが、これは、体内で余計なナトリウムを排泄する腎臓の働きを低下されるからです。

 

適切なナトリウムではなく、より多くのナトリウムが体内に残った場合それは血液の中を漂い、そうすると、血液は、なんとか使用と血液の量を増やし、高血圧を悪化させます。

 

 

拡張期高血圧の場合、食塩を摂らないようにすることが何よりも大切になります。高血圧を下げることに繋がります。

 

つぎには運動療法ですが、これは肥満防止で心臓の働きと血液量は、体重に比例します・・・ということは、少しでも細いほうが血圧を上げる要因が少なくなるということです。

 

メタボなどでも、高血圧も肥満もそのひとつに挙げられていますが、肥満の内容が、内臓脂肪だったりする場合は・・・

 

怖い病気になってしまうことが考えられるので食事と運動で適正体重になって、食塩を減らす減塩の食べ物にする、運動をして肥満を防止することが何よりも、拡張期高血圧の予防になると言えます。

 

 

食べ過ぎ、動かなさすぎという毎日の場合、高血圧に拍車がかかり、これでもダメなら、いよいよ薬物療法になります。

 

適度な食事をして高血圧に負けない体作りをしましょう。

 

 

 

スポンサードリンク

拡張期高血圧の治療関連ページ

拡張期高血圧の原因
常に自分の血圧の値を知っておき、上下の変化について観察しておくことが大切です。
拡張期高血圧の予防
お酒を飲めない事にストレスを感じるときもありますが、そこでついつい飲み過ぎないように気をつけましょう。