拡張期高血圧を事前に予防

拡張期高血圧の予防

拡張期高血圧の予防は、普通の高血圧のものとほとんど同じと考えて良いです。

 

下の血圧の値が高い拡張期高血圧は、症状こそはっきりしないものの、そのままにしておくと、即高血圧になることも考えられ、重症化の恐れも十分にあるので早いうちに正常値に戻す事が大切です。

 

まずは、高血圧を下げるには肥満かどうかを確認し、食事などに気をつけてください。

 

その時のポイントとしては、食塩の量と脂質の多い食事を制限すること。

 

野菜の多い献立で、食べ過ぎない、薄味に慣れることを基本にして、和食の料理を多く摂るようにすることをオススメします。

 

血圧を下げるには適当な運動は毎日行えるもので、ストレスをためない、深酒や暴食をしないことをせずストレス解消のための運動でも良いですが、その時には血圧は上がることはありますが、長い時間繰り返していくうちに、血圧を下げることかがあることがわかっています。

 

お酒を飲めない事にストレスを感じるときもありますが、そこでついつい飲み過ぎないように気をつけましょう。

 

多少でしたら良いですが、医師からの指示がある場合は、必ず従ってください。

 

降圧剤が出る前でしたら、自分で治すことも可能ですし、短期間で拡張期高血圧の症状を抑えることができます。

 

スポンサードリンク

拡張期高血圧の予防関連ページ

拡張期高血圧の原因
常に自分の血圧の値を知っておき、上下の変化について観察しておくことが大切です。
拡張期高血圧の治療