高血圧による利尿薬の効果

利尿薬の効果

高血圧になった場合、医師から言われることは、食事に気をつけて運動をすることを勧められ血圧の値が一定になれば、上手に付き合っていくのが理想です。

 

しかし、なかなかそれらのことを実行できないとなると薬を服用することになりますが、降圧剤の中でよく使用されるのが、利尿薬です。

 

目的は尿の中に含まれる血液の不純物を排出するもので、血液浄化のために、尿の量を増やすものです。

 

 

利尿薬は、昔から使用されている高血圧の薬で、高齢者や心不全の方には向いていますが、高血圧以外の病気を持っている方、特に痛風や高尿酸血症の方には不向きと言われていました。

 

しかし、このあたりの判断は医師によるものですが、昔と比較して、利尿薬の種類も豊富にあり、新薬なども出てきて現在はサイアザイド系、ループ利尿薬、K保持性利尿薬に分類されています。

 

まず使用される利尿薬はサイアザイド系のものが多いとされています。

 

また、他の降圧剤と併用して使われることも多いことから、医師が言う注意事項には必ず守るようにしてください。

 

 

利尿薬という降圧剤を飲んでいるから安心というのではなく、食事に気をつけて、運動をして血圧が上がらない生活をすることは大切なことです。

 

スポンサードリンク

高血圧で利尿薬の副作用と注意点

高血圧の治療薬の中に利尿薬があります。

 

これは、肝臓に機能するもので、ナトリウムと水分を排出させることで、血圧を下げるものです。

 

これは一見高血圧の方には画期的と言えるものですが、血液から水分がなくなる利尿薬に注目です。

 

塩分の排出は良いことですが、あまりに水分も排出されてしまうことで、血液がサラサラからドロドロになってしまう危険性があります。

 

このような血液になった場合、体内では交感神経を緊張させ、動悸を速めてしまいます。

 

要するに、血圧を下げているのにもかかわらず、動悸が出てしまうということになります。

 

利尿薬は注意点として、絶対に用量は守ること、副作用として肝臓の働きを助けているつもりが、反対に無理をさせてしまうことを心得なければなりません。

 

高血圧の薬で、血圧を下げるものに関しては、絶対に用量や飲むタイミングを自分なりの計算で行ってはいけないとされています。

 

利尿薬そのものは効果的ですから、それによる副作用や注意点が多い事を知っておいてください。

 

このことは、高血圧の診断を受けたら、まずは自分で血圧を下げることを第一に考える事です。

 

高血圧の薬全般は、副作用になるものも多いです。

 

そして、注意点は必ず守ることです。

 

高血圧による利尿薬の効果関連ページ

サプリメントの効果