妊娠高血圧症候群の食事方法

妊娠高血圧症候群の食事法

妊娠高血圧症候群にならないためには、生活を規則正しくすることが大切ですが、その根幹としては、毎日の食事です。

 

これも、普通の高血圧の方と同じと考えて良いのですが、特に妊婦の場合は、その時によって食欲も味の好みも変わってくることが多いので、つい食べ過ぎ、つい飲み過ぎが多くなってしまいます。

 

お腹に赤ちゃんがいるから2人分の食事と言うのは大きな間違いで、自分の分だけで十分ですが、ミネラルなどについては、多く摂ったほうが良いと言われています。

 

ミネラルというと、主に野菜や果物になり高血圧の改善と予防にも野菜は特にオススメで、ここで大切なのは味を濃くしないこと、塩分は控えめにしてたくさん食べるということです。

 

高血圧を下げるにはすべての料理に関して、味を濃くしないことと、食べ過ぎないこと、ゆっくり食べることが大切で早食いや間食などに十分に気をつけて、検診のたびに医師から合格をもらうようにしてください。

 

妊娠高血圧症候群にならないためには、低カロリー高タンパクなものを多く食べるようにすることで、回避することができ、これは高血圧にかぎらず、健康的な食事をすることが大切という意味です。

 

お肉よりもお魚、豚肉よりも脂身の少ない牛肉というように、毎日の食べるものに工夫をしてみてください。

 

そして、野菜は豊富に摂り、血圧に強い体作りをしましょう。

食事には厳重な管理を

妊娠高血圧症候群と食事について、厳重な管理を行うことをお勧めします。

 

医師から、高血圧ですよ、食べ物に気をつけてくださいと喚起があると思いますが、妊娠中は、なかなか思うように制限できないと言われています。

 

事実、妊娠人はホルモンバランスも崩れ、極端な食欲の暴走や味の濃いものを夢中になって食べるといった異常行動を起こしやすいと言われています。

 

しかし、この程度のことを許されるのは健康な妊婦で、妊娠高血圧症候群と診断をされた方は、つい食べちゃったということになると、自分の体と胎児に影響があると思ってください。

 

妊娠高血圧症候群を気をつけるには、食事が一番大切です。

 

特別なものを食べるのではなく、バランスのとれた食事を1日3回、おやつなどは控えめにするだけです。

 

問題は、バランスのとれた食事ですが、主食・副食などは、食べ過ぎないこと、脂肪分が多すぎるのではなく、野菜を中心とした食事内容と、乳製品を決まった量だけ飲むようにしてください。

 

特に塩分と脂分の摂りすぎは厳禁。
しっかりと食事管理をすることをお勧めします。

 

何も難しいことはないのですが、食べないことに我慢をしなくてはならないことは苦痛かもしれません。

 

しかし、とりあえず出産までは、優等生な妊婦でいることが、妊娠高血圧症候群には必要とされています。

スポンサードリンク

妊娠高血圧症候群の食事法関連ページ

妊娠高血圧症候群の予防
コンビニ弁当やファストフードもおすすめできないメニューで体重増加に厳重注意です。 高血圧になる原因となります。なるべくカロリーの低い物を食べて血圧を下げましょう。
妊娠高血圧症候群の治療法
妊娠高血圧症候群になったからといって、極端な減塩食とまではいきませんが、これ以上は食べないということが決められると考えてください。
妊娠高血圧症候群の後遺症
治療としては、降圧剤を使うことになり、本当の高血圧の治療と同じになるので自分でできることはというと、体重を増やさないことです。