妊娠高血圧症候群の治療法

妊娠高血圧症候群の治療法

妊娠高血圧症候群になった場合、初期段階ですと、食事療法が主な治療です。

 

カロリー制限をされた食事で、塩分量、たんぱく質、脂質などのバランスをとることになりますが、1日3食の部分はしっかりと押さえておき妊娠中は、食べるものに好みが出やすいのですが、高血圧にならないようなないようにするのはもちろん、カロリーは厳重に管理されることになり、血圧を下げることに繋がります。

 

妊娠高血圧症候群になったからといって、極端な減塩食とまではいきませんが、これ以上は食べないということが決められると考えてください。
妊娠高血圧症候群には家族の人たちの協力が大切になってきます。

 

原則間食の類は厳禁ですし、1日3食をしっかりと食べることで、体重と血圧の様子をみていきます。

 

また、同時に安静にすることを強要されることもあり勿論重症になると、入院することになりますが、かえってこの方が良い場合もあり、自分の体だけではなく、胎児の生命もあずかっているという大切な体ですから、万全を期すことが大切です。

 

そして、薬物になりますが、降圧剤を使うことになります。

 

できれば、妊娠中の服用に関しては、医師も慎重になりますから、できればその前に自分で対処することが望ましく、それでも高血圧の状態が続く場合、妊娠を続行できないことになります。

 

命が左右する妊娠高血圧症候群の場合、普通の高血圧のように軽い気持ちでいることが何よりも危険です。

 

スポンサードリンク

妊娠高血圧症候群の治療法関連ページ

妊娠高血圧症候群の予防
コンビニ弁当やファストフードもおすすめできないメニューで体重増加に厳重注意です。 高血圧になる原因となります。なるべくカロリーの低い物を食べて血圧を下げましょう。
妊娠高血圧症候群の食事法
お腹に赤ちゃんがいるから2人分の食事と言うのは大きな間違いで、自分の分だけ十分ですが、ミネラルなどについては、多く摂ったほうが良いと言われています。
妊娠高血圧症候群の後遺症
治療としては、降圧剤を使うことになり、本当の高血圧の治療と同じになるので自分でできることはというと、体重を増やさないことです。