妊娠高血圧症候群の後遺症について

妊娠高血圧症候群の後遺症

妊娠高血圧症候群の大部分は、分娩をしたあと12週間くらいで、高血圧の症状はおさまり、原因が妊娠によるものですから、胎児害ないことになると、それだけで原因がなくなりますから、出産後の回復は早いとされています。

 

しかし、一時的とは言え、高血圧の症状になったわけですから、あとに引く事もあり、一部の妊娠高血圧症候群の方は、尿に蛋白が混じっていたり、高血圧の状態が治らない事もあります。

 

それが数ヶ月から1年以上続く場合も見られ、これらのことを妊娠高血圧症候群の後遺症と呼びます。

 

治療としては、降圧剤を使うことになり、本当の高血圧の治療と同じになるので自分でできることはというと、体重を増やさないことです。

 

産後の体の体重減少は、黙っていても難しいのですが、そのままにしていると、どうしても太りますし、すぐに太り過ぎてしまいます。

 

高血圧になる要因とされる疲労、ストレスなどをためないことが大切だと言われていますが、育児に追われる日々ですと、睡眠不足やストレスは頂点に達することも多く、つい妊娠高血圧症候群の後遺症を悪化させることになり医師に必ず相談をすると共に、ストレスなどとは上手に付き合うことが肝心です。

 

 

つぎの妊娠については、後遺症がなくなってから、というのが理想ですが、一度経験しているだけに、リスクは大きいので、妊娠高血圧症候群にならないような妊婦ライフをすることが大切です。

スポンサードリンク

妊娠高血圧症候群の後遺症関連ページ

妊娠高血圧症候群の予防
コンビニ弁当やファストフードもおすすめできないメニューで体重増加に厳重注意です。 高血圧になる原因となります。なるべくカロリーの低い物を食べて血圧を下げましょう。
妊娠高血圧症候群の食事法
お腹に赤ちゃんがいるから2人分の食事と言うのは大きな間違いで、自分の分だけ十分ですが、ミネラルなどについては、多く摂ったほうが良いと言われています。
妊娠高血圧症候群の治療法
妊娠高血圧症候群になったからといって、極端な減塩食とまではいきませんが、これ以上は食べないということが決められると考えてください。