早朝高血圧の症状とは

早朝高血圧の症状

早朝高血圧の方でも、症状は2パターンあり、夜間の血圧が高いまま朝を迎えるノンディッパー型と朝方の急激な血圧上昇のモーニングサージ型に分別できます。

 

ノンディッパー型の原因としては、糖尿病、心不全、肝臓障害、自律神経障害、睡眠時無呼吸症などの症状を持っている方に多いと言われています。

 

また、普段の生活においても、夜の深酒、早朝からの忙しさ、降圧剤の効き目がなかったなどの要因があると、血圧が高い朝を迎えることになり、平均して、加齢とともに早朝高血圧の症状が出るとも言われていますから、若い時からの血圧管理も大切になってきます。

 

モーニングサージ型の場合は、脳出血や脳梗塞など、いきなり脳血管疾患になる場合のことで、前日のことよりも、突然重篤な症状になることが多く朝と夜間の血圧の値が極端に差があるモーニングサージ型の場合は、常に、高血圧のことを心に留めておくことが大切です。

 

急な血圧上昇ということで、降圧剤などはキチンと量を守り、朝の高い血圧に備えることが何よりも大切できちんと診断を受けていない方は、血圧が高いとわかった時点で、医師にしっかりと診断をしてもらう必要があります。

 

早朝高血圧となった場合は、普段の生活習慣を大きく変える必要もあります。高血圧を下げるにはキチンとした生活をすることです。

 

スポンサードリンク

早朝高血圧の症状関連ページ

早朝高血圧の予防
朝に目が覚めたら、すぐに起きようとしないで、布団の中で体を動かし、ゆっくりと深呼吸をします。このことをするだけでも、血圧の値が変わってきます。
早朝高血圧の対策
膀胱に尿があることで、交感神経が緊張してしまい反対に空になることで、血圧は下がりますから、その状態で寝ることです。
早朝高血圧の原因
自宅での、時間をずらしての測定だけではなく、病院での正しい測定の絶対です。
脳卒中にかかるリスク
早朝高血圧の脳卒中は突然起こることが多いですから、何かがあったあとでは大変なことになってしまいます。
早朝高血圧の治療法
治療法では、有効的な降圧剤の服用のため、持続型カルシウム拮抗剤とアンジオテンシン受容体拮抗剤などか良いとされています。