早朝高血圧の対策について

早朝高血圧の対策

高血圧の方の中で、早朝高血圧の対策としてできることはいろいろありますが夜間に血圧が高い状態になるのですから、血圧を上げないように工夫をします。

 

それには、睡眠前に興奮しないことです。

 

交感神経が高ぶったまま睡眠することで、よく眠れないまま朝を迎えることになり、早朝高血圧を引き起こすことになります。

 

必ず興奮は抑え、心身ともにリラックスをして副交感神経で、じっくりと血圧を下げてから眠るようにしましょう。

 

高血圧を下げるには必ずトイレに行ってから寝る習慣をつけましょう。

 

膀胱に尿があることで、交感神経が緊張してしまい反対に空になることで、血圧は下がりますから、その状態で寝ることです。

 

夜中のトイレも同じ事ですが、このときに気をつけたいのが、布団の中と外の温度差です。

 

特に冬場の極端な温度差は、それだけで血圧を上げる原因になりますから、寝室とトイレの導線は、必ず適温にしておくことが大切です。

 

冬の起床も同じことで、できればストーブのタイマー機能などを使って、暖かな部屋で目覚めるようにするのが、早朝高血圧では大切な対策になります。

 

 

これらの対策は高血圧の方全般にもいえることですから、早朝高血圧にかぎらず、対策を講じてみましょう。

スポンサードリンク

早朝高血圧の対策関連ページ

早朝高血圧の症状
早朝高血圧となった場合は、普段の生活習慣を大きく変える必要もあります。高血圧を下げるにはキチンとした生活をすることです。
早朝高血圧の予防
朝に目が覚めたら、すぐに起きようとしないで、布団の中で体を動かし、ゆっくりと深呼吸をします。このことをするだけでも、血圧の値が変わってきます。
早朝高血圧の原因
自宅での、時間をずらしての測定だけではなく、病院での正しい測定の絶対です。
脳卒中にかかるリスク
早朝高血圧の脳卒中は突然起こることが多いですから、何かがあったあとでは大変なことになってしまいます。
早朝高血圧の治療法
治療法では、有効的な降圧剤の服用のため、持続型カルシウム拮抗剤とアンジオテンシン受容体拮抗剤などか良いとされています。