早朝高血圧の原因について

早朝高血圧の原因

早朝高血圧とは、起きた時点で血圧が高い方を言います。

 

血圧は、一日に数値が大きく変化しますが、一番低いとされるのが、寝る時と起きた時です。

 

ですから、早朝高血圧というのは、血圧が高い症状の一つといえます。

 

そして、朝に血圧が高いということは、寝ている間にも血圧が高い事を意味します。

 

起床時の血圧が、上で135mmHg以上、下で85mmHg以上の方が、早朝高血圧の診断を受けることになります。

 

主な原因としては、塩分、アルコールの摂り過ぎ、動脈硬化の進行、高齢者、ストレス、気温が低いなどが挙げられます。

 

ただ、普段血圧が正常な方が、簡単に早朝高血圧になることは稀で、血圧が高い部類に入る方が、特に早朝高血圧を起きやすいと言えます。

 

ですから、自分の血圧の数値を知っておくことが必要です。

 

自宅での、時間をずらしての測定だけではなく、病院での正しい測定の絶対です。
ただし、血圧の数値には、常にばらつきがあると思ってください。

 

血圧を本当に正しくしるためには、早朝高血圧の懸念がある時には、医師に相談をすることも大切です。

 

そして、なぜ早朝高血圧になってしまうか、その正しい原因を究明してください。

 

早朝高血圧は、夜中の脳卒中などの原因にもなりますから、注意が必要です。

 

スポンサードリンク

早朝高血圧の原因関連ページ

早朝高血圧の症状
早朝高血圧となった場合は、普段の生活習慣を大きく変える必要もあります。高血圧を下げるにはキチンとした生活をすることです。
早朝高血圧の予防
朝に目が覚めたら、すぐに起きようとしないで、布団の中で体を動かし、ゆっくりと深呼吸をします。このことをするだけでも、血圧の値が変わってきます。
早朝高血圧の対策
膀胱に尿があることで、交感神経が緊張してしまい反対に空になることで、血圧は下がりますから、その状態で寝ることです。
脳卒中にかかるリスク
早朝高血圧の脳卒中は突然起こることが多いですから、何かがあったあとでは大変なことになってしまいます。
早朝高血圧の治療法
治療法では、有効的な降圧剤の服用のため、持続型カルシウム拮抗剤とアンジオテンシン受容体拮抗剤などか良いとされています。