高血圧に良い食事

良い食事

高血圧の食事の仕方については、慎重になり過ぎないことでまずは自分の食べているものを見直ししてみてください。

 

最初に考え欲しいのは、1日3食食べているか、野菜は食べているか、間食は食べているか、塩分の多い献立になっているかということです。

 

この点を重視をしてみて、改善すべきものとして、1日3食、野菜は絶対に食べることと、塩分控えめのメニューにしてみてください。
高血圧を下げるには塩分を下げることは絶対です。

 

 

実は、これだけでも血圧に大きな変化が現れまた、間食に関しては、食べないといられないという方が無理に食べないでいるだけでストレスと感じて、高血圧になってしまうことがあります。

 

ですから、全く食べないのではなく、食べる時間と内容を考えてみてください。

 

食事に関しては、長年の習慣で、すぐに変えることは難しいことです。

 

しかし、自分は高血圧で、食事の習慣をかえるだけで、症状が抑えられたり、初期ですと治ることも考えられそういったことを頭に入れて、野菜が多く、減塩の献立を1日3食しっかりと食べることを心がけることをおすすめします。

 

 

食べ物の我慢は辛いですが、高血圧から起こる合併症のことを考えると、そんなことも言っていられない状況で運動と食事をうまく組み合わせて、血圧管理をすることがポイントです。

スポンサードリンク

豆腐を食べて血圧を下げよう

豆腐は体に良いと言われていますが、高血圧の方にもとても良い食品です。

 

大豆製品の中でもスタンダードな存在で、毎日食べることができる安価というのも魅力の一つです。

 

そのまま冷奴、湯豆腐、調理法は数知れずということですから、血圧を下げる効果を期待しつつ、毎日食べましょう。

 

大豆製品が高血圧に良いというのは、イソフラボンの効果です。
これが活性酸素を排除したり、細胞をイキイキさせると言われています。

 

高血圧にとっては、勢い良く流れる血液の健康もきになるところ。

 

ドロドロとして血液か血管を流れるたびに、血管を傷つけ、ところどころに血栓をつくるという事に。

 

豆腐は、そのほかレシチンが含まれていて、これが血中コレステロールをコントロールしてくれます。

 

要するに、血液ばかりではなく血管も守ることになります。

 

たくさん食べたいけれど、カロリーが?何ていう方にも、極めて低カロリー、それでいて高タンパクと来たら、こんなに魅力的な食材はありません。

 

1年中安定した価格で、料理も季節に応じたものがあり、鍋などでは無くてはならない存在です。

 

この豆腐、高血圧の方には、毎日食べていただきたい。

 

女性のかたは、女性ホルモンに似た大豆製イソフラボンが思わぬ好結果をもたらせてくれます。

高血圧に良い食事関連ページ

悪い食事
高血圧を下げるにはインスタント系はなるべく避けましょう。
良い料理法
野菜や果物にふくまれるカリウムに着目して、その栄養が入っている野菜などをたくさん食べることで、摂りすぎた塩分を出すことができます。
野菜を食べて下げよう
野菜嫌いな人も高血圧を下げると思って頑張って食べましょう。
海藻を食べて下げよう
高血圧を下げるにはワカメ、昆布など海藻類を進んで食べることが良いでしょう。
高血圧とインスタント食品
インスタント食品には、野菜がほとんど含まれていない上に、炭水化物と脂肪ばかりが豊富に入っていて、あの濃い味の正体は塩分です。
高血圧を改善する納豆
高血圧の方の薬でワーファリンといって、血栓を予防する薬を飲んでいる方は、納豆を食べることで、逆効果になってしまうと言われています。
高血圧に悪いカロリー
高血圧と酢
高血圧とコーヒー