高血圧に良い料理法

良い料理法

高血圧の方には、食事を食べることで、血圧に響かないものを考えなくてはなりません。

 

大事なポイントは、塩分と動物性脂肪の摂りすぎです。

 

国で指導をしている1日の食塩の摂取量6gと言われていますが、多分この量ですと、かなりの薄味になってしまいますので、自然と毎日の食事で塩分は多く摂っている高血圧の方は多いと見られます。

 

そのことを踏まえ、普段の料理では余計に醤油やソースをかけないことから始めてみましょう。

 

また、野菜や果物にふくまれるカリウムに着目して、その栄養が入っている野菜などをたくさん食べることで、摂りすぎた塩分を出すことができます。

 

オススメなのが野菜の具がたくさんのお味噌汁です。塩分が多い味噌汁ですが栄養の高い食べ物です。

 

ですから、野菜のカリウムは余計なナトリウムの軽減に役立ちますし、その他のビタミンやミネラルも豊富にとることができ塩味を付けられないということになると、どれも薄味ばかりで食べた気がしないという方には提案です。

 

いくつの献立を用意して、普通の塩味にするものを一つ作り、その他のものを薄味にし、塩のかわりにお酢や果汁を使うことでも、血圧にやさしい食事になります。

 

また、動物性脂肪というと、肉料理や脂物ですが、食べてはいけないのではなく、食べても少量ということを心がけてみてください。

 

 

高血圧のための料理だと硬く考えずに、普通の方にとっても理想の食事内容で、慣れてしまえばなんていうこともありませんし、きっと体は健康になって、高血圧の症状も落ち着いてくると思います。

 

やはり高血圧を下げるには塩分とカロリーはなるべく控えましょう。

 

スポンサードリンク

高血圧に良い料理法関連ページ

良い食事
食べ物の我慢は辛いですが、高血圧から起こる合併症のことを考えると、そんなことも言っていられない状況で運動と食事をうまく組み合わせて、血圧管理をすることがポイントです。
悪い食事
高血圧を下げるにはインスタント系はなるべく避けましょう。
野菜を食べて下げよう
野菜嫌いな人も高血圧を下げると思って頑張って食べましょう。
海藻を食べて下げよう
高血圧を下げるにはワカメ、昆布など海藻類を進んで食べることが良いでしょう。
高血圧とインスタント食品
インスタント食品には、野菜がほとんど含まれていない上に、炭水化物と脂肪ばかりが豊富に入っていて、あの濃い味の正体は塩分です。
高血圧を改善する納豆
高血圧の方の薬でワーファリンといって、血栓を予防する薬を飲んでいる方は、納豆を食べることで、逆効果になってしまうと言われています。
高血圧に悪いカロリー
高血圧と酢
高血圧とコーヒー