高血圧には海藻を食べて下げよう

海藻を食べて下げよう(ワカメ)

ワカメなどの海藻にふくまれるアルギン酸は、高血圧の方は毎日食べたい食材です。

 

アルギン酸は、食べ物の中にふくまれるナトリウムと結合してアルギン酸ナトリウムになり、この形になると、腸の中に入った時には、消化酵素で分解できない形になってしまいます。

 

そのため、そのままするりと便になってしまうわけです。

 

野菜や果物にふくまれるカリウムはナトリウムを体外に出す働きがありますが、ワカメの場合は、アルギン酸がその仕事を行なってくれることになります。

 

勿論カリウムも含まれていて、その他にはカルシウム、鉄、ベータカロチンもあり、またペプチドは、それだけで血圧降下作用がありますから、ワカメを食べるだけでも血圧が下がる計算になります。

 

フコダインは免疫を高める効果もありますが、血液がサラサラになるものとして注目され、肥満予防として、フコキサンチンも少しだけですが、検出されることから、いろいろな料理に使って欲しいものです。

 

 

というのも、カロリーが低いですから、たくさん食べたとしても、太る心配もありません。
ワカメと言うと、生のものと乾燥のものがありますが、天日干しになっているものは、栄養が凝縮されているので、栄養価的には高いと言われています。

 

高血圧を下げるにはワカメ、昆布など海藻類を進んで食べることが良いでしょう。

スポンサードリンク

高血圧には海藻を食べて下げよう関連ページ

良い食事
食べ物の我慢は辛いですが、高血圧から起こる合併症のことを考えると、そんなことも言っていられない状況で運動と食事をうまく組み合わせて、血圧管理をすることがポイントです。
悪い食事
高血圧を下げるにはインスタント系はなるべく避けましょう。
良い料理法
野菜や果物にふくまれるカリウムに着目して、その栄養が入っている野菜などをたくさん食べることで、摂りすぎた塩分を出すことができます。
野菜を食べて下げよう
野菜嫌いな人も高血圧を下げると思って頑張って食べましょう。
高血圧とインスタント食品
インスタント食品には、野菜がほとんど含まれていない上に、炭水化物と脂肪ばかりが豊富に入っていて、あの濃い味の正体は塩分です。
高血圧を改善する納豆
高血圧の方の薬でワーファリンといって、血栓を予防する薬を飲んでいる方は、納豆を食べることで、逆効果になってしまうと言われています。
高血圧に悪いカロリー
高血圧と酢
高血圧とコーヒー