高血圧に良い酢

高血圧に良い酢

高血圧の症状を改善する食べ物は色々と挙げられていますが、調味料として毎日食べることができるものに酢があります。

 

まず、酢とは穀物や果実にこうじ菌などを使って発酵させたものです。

 

発酵食品で言うと、味噌や納豆、ヨーグルトなどですが、いずれも発酵段階で、もともとの原料よりも多くの有用成分を得ることができます。

 

その成分の代表的なものは、クエン酸と酢酸、アミノ酸など70種類にも及ぶとされています。

 

この中の酢酸が脂質と糖代謝を促進すると言われています。

 

その結果、高血圧の方に多いドロドロ血液をサラサラ血液に変換できるとされています。

 

また、アミノ酸は、血管を広げる効果があるとされ、血液循環を良くしてくれます。
注目はクエン酸です。

 

これには強力な抗酸化作用があり、血液内においては、悪玉コレステロールの酸化を防止し、血管壁の老化防止にも大きく貢献します。

 

ということは、高血圧の方が積極的に酢を食べる習慣をつけることで、サラサラ血液にすることの早道になると考えられています。

 

ただし、ごくごくと飲める調味料ではありませんから、もっと積極的に酢を取り入れようという方は、酢を使ったサプリメントがオススメです。

 

これなら、味を気にせずに、手軽に毎日酢を摂ることができます。

スポンサードリンク

高血圧に良い酢関連ページ

良い食事
食べ物の我慢は辛いですが、高血圧から起こる合併症のことを考えると、そんなことも言っていられない状況で運動と食事をうまく組み合わせて、血圧管理をすることがポイントです。
悪い食事
高血圧を下げるにはインスタント系はなるべく避けましょう。
良い料理法
野菜や果物にふくまれるカリウムに着目して、その栄養が入っている野菜などをたくさん食べることで、摂りすぎた塩分を出すことができます。
野菜を食べて下げよう
野菜嫌いな人も高血圧を下げると思って頑張って食べましょう。
海藻を食べて下げよう
高血圧を下げるにはワカメ、昆布など海藻類を進んで食べることが良いでしょう。
高血圧とインスタント食品
インスタント食品には、野菜がほとんど含まれていない上に、炭水化物と脂肪ばかりが豊富に入っていて、あの濃い味の正体は塩分です。
高血圧を改善する納豆
高血圧の方の薬でワーファリンといって、血栓を予防する薬を飲んでいる方は、納豆を食べることで、逆効果になってしまうと言われています。
高血圧に悪いカロリー
高血圧とコーヒー