高血圧とコーヒー

高血圧とコーヒー

高血圧とコーヒーの関係については、含まれている成分の一つのカフェインが関係してきます。

 

カフェインは、心筋に作用し、心筋機能を上げるとされていますから、血圧も上げるとされていました。

 

ところが、コーヒーに入っているカフェインの量では、直接的な原因ではないという報告もあり、高血圧とコーヒーの因果関係については、危険と判断されるのには、少しストップがかかっている状態です。

 

反対に、利尿作用に優れ、ポリフェノールが多いことから、血圧を下げたり、血管拡張作用が確認されていることから、賛否両論の状態です。

 

では、本当はどうなの?という部分ですが、最新の研究報告によると、1日6杯程度のブラックコーヒーに関しては、高血圧に良い効果があると言われています。

 

ここで注意しなければならないのは、コーヒー豆だけのもので、砂糖やミルクを含まないものと高齢者以外です。

 

缶コーヒーの甘いものに関しては、高血圧の方はあまりおすすめできないとされています。

 

甘い砂糖の摂りすぎになってしまうからで、高齢者に関しては、脳血管障害のリスクが上がるとされています。

 

しかし、1日1杯程度のコーヒーの場合の影響は少なく、コーヒーを飲むことで、心身がリラックスできるようでしたら、高齢者の方もまず心配ないとされています。

 

カフェインの悪影響はあまり心配せずに、おいしいコーヒーでリラックスすることは、高血圧の方にも良い効果があります。

スポンサードリンク

高血圧とコーヒー関連ページ

良い食事
食べ物の我慢は辛いですが、高血圧から起こる合併症のことを考えると、そんなことも言っていられない状況で運動と食事をうまく組み合わせて、血圧管理をすることがポイントです。
悪い食事
高血圧を下げるにはインスタント系はなるべく避けましょう。
良い料理法
野菜や果物にふくまれるカリウムに着目して、その栄養が入っている野菜などをたくさん食べることで、摂りすぎた塩分を出すことができます。
野菜を食べて下げよう
野菜嫌いな人も高血圧を下げると思って頑張って食べましょう。
海藻を食べて下げよう
高血圧を下げるにはワカメ、昆布など海藻類を進んで食べることが良いでしょう。
高血圧とインスタント食品
インスタント食品には、野菜がほとんど含まれていない上に、炭水化物と脂肪ばかりが豊富に入っていて、あの濃い味の正体は塩分です。
高血圧を改善する納豆
高血圧の方の薬でワーファリンといって、血栓を予防する薬を飲んでいる方は、納豆を食べることで、逆効果になってしまうと言われています。
高血圧に悪いカロリー
高血圧と酢