血液をサラサラにする食事方法とは

血液をサラサラにする食事方法とは

血液サラサラの食事をすることが、健康だけではなく太らない体質になるためには必要なことです。

 

血液サラサラの反対のドロドロの状態というのは、血液内にコレステロールや脂肪が多く含まれていることを意味します。

 

本来血液は、酸素や栄養分を運ぶもので道路でいえば車で、血管が道路のようなものです。

 

そこが常にサラサラした血液が正常に流れることで体内の臓器に十分な栄養を届けることができます。

 

ところが、ドロドロ血液の場合、流れも遅く、ノロノロ運転な上に、渋滞になってしまうことも考えられます。

 

これが、動脈硬化や心筋梗塞の原因になります。

 

そこまでいかなくても、酸素不足や栄養不足により、各臓器の働きが悪くなります。

 

病気まで行かなくても、それがそのまま太る原因になるとも言われています。

 

ですから、血液サラサラの食事というと、コレステロールや脂肪分を減らす事ができる食材を選ぶことがポイントです。

 

高カロリー食ではなく、低カロリー高タンパク食を心がけることで、血液のドロドロを解消することができます。

 

どうしても野菜や魚が中心になり、肉は悪者になってしまいますが、カロリーや脂肪分を減らす事ができる調理法で摂ることで、血液サラサラになることもできます。

スポンサードリンク

血液をサラサラにする食事方法とは関連ページ

良い食事
食べ物の我慢は辛いですが、高血圧から起こる合併症のことを考えると、そんなことも言っていられない状況で運動と食事をうまく組み合わせて、血圧管理をすることがポイントです。
悪い食事
高血圧を下げるにはインスタント系はなるべく避けましょう。
良い料理法
野菜や果物にふくまれるカリウムに着目して、その栄養が入っている野菜などをたくさん食べることで、摂りすぎた塩分を出すことができます。
野菜を食べて下げよう
野菜嫌いな人も高血圧を下げると思って頑張って食べましょう。
海藻を食べて下げよう
高血圧を下げるにはワカメ、昆布など海藻類を進んで食べることが良いでしょう。
インスタント食品は控えよう
インスタント食品には、野菜がほとんど含まれていない上に、炭水化物と脂肪ばかりが豊富に入っていて、あの濃い味の正体は塩分です。
高血圧を改善する納豆
高血圧の方の薬でワーファリンといって、血栓を予防する薬を飲んでいる方は、納豆を食べることで、逆効果になってしまうと言われています。
高血圧に悪いカロリー
高血圧と酢
コーヒーで下げよう
青汁で改善
お茶を飲もう
良い牛乳、乳製品