高血圧 自覚症状

高血圧の症状

スポンサードリンク

高血圧の症状を特定するには、まず自分の血圧が高いことを認識することです。

 

特有の自覚症状がないため、そのままやり過ごしてしまうことが多いようです。それは日常的な体の変調が実はサインであることに気が付かないからです。

 

血圧が正常値の方でも起こる頭痛や肩こりなども、高血圧の方が頻繁に起こることで、少しずつ重症化していくことがあり高い血圧の状態が、長い間続くことで、自覚症状と言えるものが出てきます。

 

その時には、既に合併症が進んでいることが多く、特に血液の病気である、動脈硬化、脳の異常、腎障害などの症状が主なものでこのときには、高血圧の治療だけではなく、これらの合併症の治療も行うことになります。

 

また、まだ自覚症状がある場合は良いですが、突然脳卒中や心筋梗塞の発作が起こることもありこうしてみていくと、本当に高血圧に関しては、症状そのものが特定できないことから、日頃からのケアが大切になります。

 

そのためには、まずは正確な自分血圧の数値を知って、血圧に響かない生活を考えなければならないことが大事で思いもしない時に、年齢も若い方も侮れない恐ろしい病気です。驚くような発作に見舞われることもよくあります。

 

高血圧の症状は色々とありますのでしっかり勉強していきましょう。

高血圧の自覚症状

高血圧には、自覚症状がありません。

 

というのは、他の自覚症状と似ているからというのが本当の理由で、これが絶対に高血圧の症状だという保証がないというだけの話です。

 

要するに、血圧が高くて起こるものは、体調が良くない時に起こるものが多いということです。

 

自分が、病院などで、血圧に関してのチェックが入ったとします。

 

その上で、つぎのような症状に常に悩まされているという方は要注意で初期の場合は、頭痛、めまい、頭重感、耳鳴りなどです。

 

どれも毎日起こるけれど、大したことがないからという場合であっても、既に高血圧の診断を受けている方は、自覚症状の一つかもしれません。

 

実は、高血圧と言われて久しいし、もっと進んでいるという時の自覚症状としては、動悸、呼吸困難、胸痛、むくみ、夜中の頻尿、足の痛みやしびれなどです。

 

少なくとも、これに肥満が加わることで、自覚症状と認識をして、高血圧を下げるには今すぐ医師にいく事をオススメします。

 

きっと、このときに知ってよかったと思う段階です。

 

このあたりの自覚症状ですと、それほど困った合併症なども防止することができます。

 

実は恐ろしい話で、合併症となって現れるのには、数十年という流す年月がかかることもあります。

 

その間、自覚症状としてサインを出しているのに、まったく気が付かなかったという方も多いようです。

 

 

高血圧の特徴は自分ではあまり分からず、まさに、サイレント・キラーの異名を持つ高血圧です。

スポンサードリンク

高血圧 症状記事一覧

高血圧と頭痛

頭痛は誰にでも起こる症状ですが、だからといって高血圧とは限りません。しかし、高血圧の方は頭痛を起こしやすいと言われています。高血圧でお困りの方は頭痛で困っているのも少なくないでしょう。頭痛の原因としては、千差万別と言われていますが、血圧が高いと脳内の血管が急に広がり神経が刺激され、頭が敏感に痛みを感...

≫続きを読む

高血圧と動悸

高血圧の方の動悸については、注意が必要です。それは病気の引き金になることもあります。そもそも動悸とは、自分で感じる心臓の乱れのことで、ドキドキするという表現がぴったりで毎日の生活の中で、緊張をしたり、早く走ったりすることで動悸を感じることはあります。しかし、そんなこともなく、突然心臓の鼓動が早くなる...

≫続きを読む

高血圧によるめまい

高血圧の方がめまいを訴える場合、かなり重い症状だと言われています。自分が普段から血圧が高いということを意識して生活をしていますと、心臓がどきどきしたり、頭が痛い症状が出てきます。しっかりと、血圧を測っているという生活をしている場合、気をつけることも考えられますが、隠れ高血圧の方ですと、何故にこのよう...

≫続きを読む

更年期による高血圧

更年期が原因で高血圧になることもあります。更年期障害というと、女性のものと考えがちですが、男性も同じようなことが言えます。これは、原因の一つとして、血管が固くなることで、血圧の値が上がることですが、すなわち加齢によって血管の老化が始まってしまうことになり老化によって血管が固くなることで、血液にかかる...

≫続きを読む

高血圧による合併症

高血圧の合併症は、必ず起こるものではありませんが血圧が高いということは、常に血管が傷つけられて、ボロボロになっていく事を言います。そして、血液は豊富に流れています。問題は、その血液にもあり、コレステロールがたくさんのどろどろのものがあることが多く、そうしていくうちに単なる高血圧ではなく合併症といって...

≫続きを読む

高血圧と脳梗塞

高血圧が重症になると、脳の血管が詰まる脳梗塞の危険が出てきます。脳の血管に血液がいかなくなると、脳細胞が壊死します。つまった血管に場所によって、全身あちこちにマヒが起きたり、言語障害が現れ、この壊死してしまった脳細胞は、元に戻ることなく、マヒなどの回復も見込めません。脳細胞には3つのタイプがあり脳血...

≫続きを読む

高血圧と動脈硬化

高血圧と動脈硬化の関係は、高血圧になると動脈硬化になりやすく、動脈硬化ですと高血圧になりやすいというとても近い関係の成人病です。動脈硬化とは、動脈の壁が厚くなって硬くなる症状ですが、こうなることで血管が通る道は狭くなってしまいます。そうなると血流に対する抵抗が大きくなってしまい、血圧が上昇しやすくな...

≫続きを読む

二次高血圧 原因

二次高血圧とは、高血圧の原因が特定されている場合を言います。たいていの高血圧が、生活習慣病や長年の生活から起こるものですが、二次高血圧の場合は、例えば、糖尿病、膠原病、腎臓病など、その疾病が原因とわかるものを言います。ですから、大元になる病気を完治させることで、高血圧も治ると言われていますが、二次高...

≫続きを読む

高血圧 耳鳴り

高血圧が原因で耳鳴りになることがあります。高血圧になると、血圧をうまく調節できない状態になりますが、そのときに体内の血液循環がうまくいかなくなり心臓はそれでも血液を体内に回そうと必死で動きますが、肝心の血液が足りなくて、体内に血液がいかない状態になります。そして、耳の血管が硬くなって、弾力を失ってし...

≫続きを読む

高血圧 夜間

高血圧といっても、1日のうちで高くなる時と低くなる時があります。大きく分けて、日中型、早朝型、夜間型になりますが、このうち早朝と夜間の時に血圧が高くなりがちなのが、早朝型や夜間型の方になります。日中型は活動している間に血圧が高くなりがちですが、夜間型というのは、そのまま高いまま就寝してしまい、早朝型...

≫続きを読む

高血圧 認知症

高血圧と認知症(ボケ)の関係については、とても親密です。普段の日常会話においては、ボケと表現することもあるでしょう。しかし現在はボケという言葉は使わず、認知症やアルツハイマー病という言葉に置き換えることが多いです。認知症(ボケ)とは、高血圧により脳の血管に支障が出た結果、判断力や記憶力の低下によって...

≫続きを読む

仮面高血圧とは

仮面高血圧とは、血圧の測る場所によって血圧の値が変わるもので、病院では正常、家では高いといった状態です。反対に、家では正常、病院では高いという時があります。これは白衣高血圧です。病院では、いつも正常な血圧は、高血圧の症状が出ていないことで、治療を行うことがありません。本人もそれで良いと思っていても、...

≫続きを読む

白衣高血圧とは

白衣高血圧とは、病院で血圧が高くなる方のことを言います。高血圧の方は病院では緊張するということがあります。具体的に言うと、自宅と病院で測定する血圧が違うことがよくあります。機械の関係もありますが、あえて白衣高血圧というのは、白衣を着衣した方を見ると、血圧が上がってしまうパターンの方を指します。という...

≫続きを読む

高血圧 心筋梗塞

高血圧の方が心筋梗塞になるリスクは、高血圧ではない方よりもはるかに高いと言われています。高血圧の症状として、血流の勢いと血管の健康が挙げられますが、サラサラ血液が柔らかなしなやかな血管の場合は、健康体と言えます。高血圧の方の場合、血流は勢いがあります。それだけで、心臓の働きが高まり、心肥大(心臓の筋...

≫続きを読む

高血圧と入浴

高血圧と入浴に関係については、よく注意をしなければなりません。入浴は、血圧を上げる時と言われていますが、高血圧の方の場合は、脳卒中などが起きやすいと言われています。入浴そのものよりも、その前からの留意が必要になってきます。特に冬場の脱衣所の環境からですが、暖かい部屋から寒い脱衣所で服を脱ぐ、そして熱...

≫続きを読む

妊娠高血圧症とは

妊娠高血圧症とは、妊娠をして高血圧になってしまうことを言います。妊娠期間だけ、血圧が高い状態が続くことから、こう呼ばれています。妊娠をすると、母体は胎児のために様々な器官が変化をします。その中でも、血液に関しては、自分の体だけではなく、胎児への栄養補給をしなければならない任務が増えます。これだけでも...

≫続きを読む

産後高血圧とは

産後高血圧とは、出産前は血圧が正常だったのに、出産後に急に血圧が高くなることを言います。この場合、妊娠中にすでに高血圧になっていることもありますが、たいていは出産をすると血圧はゆっくりと正常になります。しかし、稀に、出産をしても正常な血圧にならないこともあり、この場合の産後高血圧と言います。出産直後...

≫続きを読む

高血圧による立ちくらみ

高血圧の方で、立ちくらみがあるというのは、一つの症状だと思ってよいでしょう。立ちくらみというと、どちらかと言うと低血圧や貧血の方に多いと思いがちですが、高血圧の方にもあると言われています。高血圧になると、自律神経が乱れると言われています。そして、急な動作で、血圧も同時に上がることから、立ちくらみのよ...

≫続きを読む

高血圧と肝臓病

高血圧になると、肝臓病に注意が必要です。高血圧というのは、血圧が高い状態を言いますが、なぜ血圧が高くなってしまうか?原因を考えてみましょう。人によってそれぞれですが、最近では生活習慣病として高血圧の症状になる方が急増しています。要するに、誰でもなる可能性が多くあるということです。高血圧の症状は、血管...

≫続きを読む

高血圧による糖尿病

高血圧と仲良しの病気といえば、糖尿病です。いずれも生活習慣病として、片方の病気になってしまうことで、両方の症状が起きてしまうと言われています。どちらも血液の異常なものとして、取り上げられるものですが、高血圧になると、糖尿病にならないようにすることが大切です。高血圧は、血液の流れの勢いが常に良い状態、...

≫続きを読む

夜間高血圧

夜間高血圧とは、睡眠中に血圧が高くなることを言います。昼間は正常な血圧が、寝ている間に上昇することから、なかなか発見できないとされています。人間の体は、夜間になると、血圧は低くなるもので、高血圧の基準も昼間は140以上ですが、夜間の場合は120以上で、高血圧と診断されます。夜間高血圧には2つのタイプ...

≫続きを読む

高血圧と心臓病

高血圧の方は、心臓病に気をつけてください。血流が勢い良く流れるということは、心臓は常にマックスで働かなくてはならないことになります。心臓病には、狭心症や心筋梗塞などがありますが、これらの症状は血管が傷つくことで、少しずつ心臓に負担をかけていくと言われています。血流の中には、豊富な酸素も必要としますが...

≫続きを読む