動脈硬化で血管が狭く高血圧に

動脈硬化との関係

スポンサードリンク

高血圧と動脈硬化の関係は、高血圧になると動脈硬化になりやすく、動脈硬化ですと高血圧になりやすいというとても近い関係の成人病です。

 

動脈硬化とは、動脈の壁が厚くなって硬くなる症状ですが、こうなることで血管が通る道は狭くなってしまいます。

 

そうなると血流に対する抵抗が大きくなってしまい、血圧が上昇しやすくなってしまいます。まさにこれが高血圧です。

 

また、高血圧の状態が続くことで、常に動脈に強い圧力をかけてしまい、動脈の壁に傷を作りやすくなってしまいます。

 

その傷から、血管内の脂肪分が浸透していって、動脈硬化になるという悪循環を繰り返し要するに、高血圧の場合、動脈硬化が起きている細い血液の道に無理やり勢い良く血液が通ることで、より心臓に大きく負担をかけて血圧をどんどん上昇させてしまうことになります。

 

動脈硬化には、細動脈硬化、粥状硬化、中膜硬化の3種類があり、高血圧と関係が深いのが糊状硬化になります。

 

糊状の固まりが動脈の壁に発生しも動脈の内側を細くして、血液の流れを悪くするというものです。

 

また、何度も同じ事を繰り返すことで、その部分の動脈が破れて出血を起こすこともあります。

 

 

体の部位でいうと、脳や心臓も下肢などの動脈課せ破れやすいと言われています。

スポンサードリンク