なぜ二次高血圧になる?

二次高血圧

スポンサードリンク

二次高血圧とは、高血圧の原因が特定されている場合を言います。

 

たいていの高血圧が、生活習慣病や長年の生活から起こるものですが、二次高血圧の場合は、例えば、糖尿病、膠原病、腎臓病など、その疾病が原因とわかるものを言います。

 

ですから、大元になる病気を完治させることで、高血圧も治ると言われていますが、二次高血圧になるような大元の病気は、そう簡単に治す事ができないものが多いといわれています。

 

また、妊娠している女性は、妊娠時に一時的な高血圧の状態が続くことになります。

 

この時には、血圧ばかりではなく、糖尿病などになってしまうこともありますが、出産をしたら良くなると軽く思わないほうが良いでしょう。

 

高血圧や糖尿病の場合、この時の体験がきっかけで、後々本当の高血圧、糖尿病になってしまうケースも多くなっています。

 

二次高血圧に関しては、予防するしかないという言いようがないことで、大元の病気とともに悪化をしてしまうこともあります。

 

反対に大元の病気はすっかり治っても高血圧の症状が残ってしまうケースがあるなど、二次高血圧に関しては、そう単純にいかないことも多くあるようです。

 

二次高血圧にならないよう、生活を改善することに気をつけることが大切かもしれません。

スポンサードリンク