夜間型高血圧とは 

夜間高血圧も注意

スポンサードリンク

高血圧といっても、1日のうちで高くなる時と低くなる時があります。

 

大きく分けて、日中型、早朝型、夜間型になりますが、このうち早朝と夜間の時に血圧が高くなりがちなのが、早朝型や夜間型の方になります。

 

日中型は活動している間に血圧が高くなりがちですが、夜間型というのは、そのまま高いまま就寝してしまい、早朝型は目覚めた時も高いことになります。

 

というのは、普通就寝前は、自律神経が交感神経から副交感神経に変わる時で、体がリラックスして眠りに入ります。

 

ところが、夜間型の方は、そのまま興奮状態で、眠ることから睡眠障害や動脈硬化が起こりやすくなると言われています。

 

それに早朝型の方は起きた時から、高血圧の状態が加わることで、血管への負担が極端に大きくなってしまい、重大な病気になる可能性が高いと言われています。
ですから、高血圧の診断を受けた場合、大抵は昼間の血圧の高さを指摘されますが、自宅において、朝と夜の正確な血圧を測る習慣をつけることが大切です。
そして、夜間型、早朝型の高血圧の場合は、対処法を医師から正しく指導してもらうことです。

 

早朝や夜間の体の急変が何よりも心配で、自分の血圧のパターンを知ることが、先決となります。
高血圧でお悩みの方は特に夜間、早朝に気をつけましょう。

スポンサードリンク