高血圧とボケ

高血圧と認知症との関係

スポンサードリンク

高血圧と認知症(ボケ)の関係については、とても親密です。

 

普段の日常会話においては、ボケと表現することもあるでしょう。しかし現在はボケという言葉は使わず、認知症やアルツハイマー病という言葉に置き換えることが多いです。

 

認知症(ボケ)とは、高血圧により脳の血管に支障が出た結果、判断力や記憶力の低下によって、認知症(ボケ)になると言っても良いでしょう。また認知症(ボケ)は自分の意思とは別に、物事の判断ができないことを言います。

 

高血圧は全身の血管をむしばんでいきます。

 

勢い良く流れる血液は、いわゆるドロドロ血液になっています。サラサラのものではありません。

 

日常的にそんな血液が流れる血管は傷がつき、やがては動脈硬化を起こし、いつの間にか固くなってしまいます。

 

そうした血液と血管が脳につながっているわけですから、正常な脳の働きが損なわれ、本来の脳の働きができなくなり認知症(ボケ)の症状が出てくると言われています。

 

ですから、高血圧の改善と予防が大切になる時期はやはり高齢者で健康な高齢者であっても、動脈硬化の危険性が高いですから、高血圧の方にとっては、よほど注意が必要と言われています。

 

高血圧による認知症(ボケ)に関しては、○○だから発症すると言うことはないですが、少なくとも高血圧の高齢者に限っては、リスクが高くなってしまいます。

 

高血圧にお悩みの方は認知症(ボケ)にも視野に入れ注意しましょう。

スポンサードリンク