白衣高血圧の対策

白衣高血圧とは

スポンサードリンク

白衣高血圧とは、病院で血圧が高くなる方のことを言います。高血圧の方は病院では緊張するということがあります。

 

具体的に言うと、自宅と病院で測定する血圧が違うことがよくあります。

 

機械の関係もありますが、あえて白衣高血圧というのは、白衣を着衣した方を見ると、血圧が上がってしまうパターンの方を指します。

 

ということは、家庭で測定して正常な血圧のはずが、病院では高血圧と診断をされてしまう事になり、これは果たして本当なのか?と疑問を感じることになります。

 

本人の希望としては、家庭での数値で、血圧は正常としておきたいところですが、いつも病院で血圧が高くなる白衣高血圧の方は、家庭でもない医療機関でもないところで正式に血圧を測定し、自分の正しい血圧の数値を確認することをお勧めします。

 

家庭での簡易な血圧計は、性格な数値を出すことが難しいとも言われていますから、普段病院で測定するような、上腕で測定する血圧計を使うことで、一度は正しい自分の血圧を測定してみてください。

 

その上で、白衣高血圧になってしまう場合は、医師に相談をすることですが、そのまま無視することは危険です。

 

環境によって血圧が変化することもありますから、気になる方は、きちんと血圧を測ることで、高血圧可動化を判断しましょう。

白衣高血圧の対策

白衣高血圧とは、病院では血圧が高く、家では血圧が正常な方を言います。

 

白衣とは、白衣を見ると緊張するといった意味合いがあります。

 

病院へ行く、医師や看護師の白衣を見ると、なんとなく緊張して、血圧が上がってしまうようです。

 

家庭では極めて正常な血圧になっています。

 

日常生活では、高血圧の症状がない場合でも、白衣高血圧として、極端な血圧の高さがみられるときには、24時間監視をするなどの診察をし、対策を考えることがあります。

 

しかし、これといって、血圧に異常がない場合などについては、家庭においての血圧の測定値を参考に、様子を見ることになります。

 

自分では緊張していないのにおかしい、そういえば病院はいつも緊張するなど、それぞれの特徴があります。

 

幼いころのトラウマとか、注射が絶対に嫌いなどそれぞれの心の奥底の深層心理が働くことも言われていますが、総じて白衣高血圧の場合、その後本当の高血圧になりやすいというデータもあります。

 

日頃から、塩分を摂らない、適度な運動をする、良い生活習慣をつけるなどの対策は、白衣高血圧でなくてもぜひやっていただきたいことです。

 

一応の観察や対策は必要ですが、少なくとも急に重症化するということはないようです。

スポンサードリンク