血圧が高い人は心筋梗塞になりやすい

高血圧と心筋梗塞

スポンサードリンク

高血圧の方が心筋梗塞になるリスクは、高血圧ではない方よりもはるかに高いと言われています。

 

高血圧の症状として、血流の勢いと血管の健康が挙げられますが、サラサラ血液が柔らかなしなやかな血管の場合は、健康体と言えます。

 

高血圧の方の場合、血流は勢いがあります。

 

それだけで、心臓の働きが高まり、心肥大(心臓の筋肉が大きくなる)になりますが、血管は勢いのある血流を支えるために、壁を厚くしていきます。

 

また、流れる血液はドロドロのものですから、途中途中にカスなどを置き土産としておくことで、血栓ができてしまいます。

 

要するに、血管が厚くなり、血栓ができることで、血流の通り道が狭くなっていき、やがては動脈硬化を引き起こすことになります。

 

そのままの状態を続けることで、いよいよ心筋梗塞になります。

 

突然の血流が止まることで、時には生命の危険もある恐ろしい病気ですが、高血圧の方にとっては、毎日の暮らしの中で、少しでも血液や血管の改善をしておかないと、いつか心筋梗塞になってもおかしくないと言われています。

 

高血圧でお悩み方は特に、血管が固くなってしまい、動脈硬化を起こした時点で、医師などの指導はきちんと受け、心筋梗塞にならないよう気をつけなければならないとされています。

スポンサードリンク