血圧の高い人はお風呂に気を付けよう

高血圧には入浴に注意を

スポンサードリンク

高血圧と入浴に関係については、よく注意をしなければなりません。

 

入浴は、血圧を上げる時と言われていますが、高血圧の方の場合は、脳卒中などが起きやすいと言われています。
入浴そのものよりも、その前からの留意が必要になってきます。

 

特に冬場の脱衣所の環境からですが、暖かい部屋から寒い脱衣所で服を脱ぐ、そして熱いお風呂に入ると言う一連の入浴動作については、どうみても外気温がコロコロと変化することがわかります。

 

高血圧の方が入浴をするときには、暖かい部屋と脱衣所の温度変化を激しくしないことが第一です。

 

そして、浴槽にいきなり入るのではなく、洗い場でのお湯をかぶり、体をある程度暖めてから浴槽に入ります。

 

かけ湯は、手足の先から行います。

 

いきなり心臓付近にかけると血圧が急上昇してしまいます。
この時に、お湯の温度ですが、熱いのは厳禁。

 

高くても40度程度にすることが、高血圧の方の入浴に適していると言われています。

 

ただし、冬場などについては、ぬるいと感じることもありますが、そのときには、入りながら少しずつ暖める方法をとってください。
この時も急激な温度変化は厳禁です。

 

高血圧の方が入浴で注意することは、このような温度変化に対してです。

 

それを注意することが大切です。

スポンサードリンク