産後高血圧の対策

産後高血圧

スポンサードリンク

産後高血圧とは、出産前は血圧が正常だったのに、出産後に急に血圧が高くなることを言います。

 

この場合、妊娠中にすでに高血圧になっていることもありますが、たいていは出産をすると血圧はゆっくりと正常になります。

 

しかし、稀に、出産をしても正常な血圧にならないこともあり、この場合の産後高血圧と言います。

 

出産直後に起こる事が多く、たいてい産後12週くらいまで、高血圧の状態が続く場合は、本格的な高血圧の治療が必要とされています。

 

ただし、産後高血圧で、出産後すぐに血圧値が200を超えるような場合は、高血圧を治すための入院が必要になります。

 

それは、徹底した減塩食と安静が必要になってきます。血圧の高い人は塩分は控えましょう。

 

産後のママは、じっとしていることは不可能ですし、ついつい血圧のことを忘れがちの生活になってしまいます。

 

そのまま高血圧症にならないためにも、産後高血圧は徹底的に治すことが必要になってきます。

 

降圧剤の使用で、母乳も禁止になりますし、とにかく安静にして、血圧を正常にすることが急務となります。

 

残念ながら、妊娠中に高血圧になりやすい方は、産後高血圧になりやすいと言われています。

 

ですから、普段から血圧が高めの方、妊婦健診などで、血圧、尿タンパクについて指摘を受けた方は、必ず医師の指示に従い、高血圧を予防してください。

産後高血圧による対策

産後高血圧は、妊娠後期から産後数ヶ月の間血圧が高くなることを言います。

 

その原因は、もともと高血圧の要因があるだけではなく、妊娠そのものが体に大きな負担となって、血管そのものを圧迫すること、体内の血液バランスが乱れるなど、血圧関係のトラブルはどうしても増えます。

 

妊婦健診のときには、毎回血圧を測りますが、これは高血圧かどうかを確認するためです。

 

妊娠後期の高血圧は、母体と胎児に影響を与えます。
その症状が、産後数ヶ月続く産後高血圧があります。

 

降圧剤で下げることも可能ですが、母乳を与えてる間は、降圧剤は使用禁止になっています。

 

ですから、あまりにも血圧が高いという方は医師の診断を受け降圧剤を選んで、粉ミルクで育てるというのも一つの方法です。

 

産後高血圧の場合、医師の診断をしっかりと受けることを前提で、その後、本当の高血圧にならないように気をつけなくてはならないとされています。

 

対策としては、簡単にできるものに塩分を減らすことです。

 

普通の高血圧の対策としても減塩はとても効果的とされています。

 

産後高血圧の場合、一時的な体の変化の一つとされています。

 

ですから、軽い産後高血圧の場合、数週間の減塩生活で改善するとされています。

 

この減塩生活の対策はとてもよい効果を上げています。

スポンサードリンク