高血圧による立ちくらみの関係

高血圧による立ちくらみ

スポンサードリンク

高血圧の方で、立ちくらみがあるというのは、一つの症状だと思ってよいでしょう。

 

立ちくらみというと、どちらかと言うと低血圧や貧血の方に多いと思いがちですが、高血圧の方にもあると言われています。

 

高血圧になると、自律神経が乱れると言われています。

 

そして、急な動作で、血圧も同時に上がることから、立ちくらみのような、めまいのような、そんな複雑な症状になります。

 

また、血圧降下薬を使用している方は、血圧の変化によって、立ちくらみが多くなるとも言われています。

 

普段から、血圧が高い方で、脳に多く刺激を与えすぎていることから、急な動作についていけないなどの要因が考えられます。

 

ですから、高血圧の診断を受けて、立ちくらみがある場合は、必ず医師に相談をしてみてください。

 

高血圧でお困りの方は、めまいと同じような症状になることから、立ちくらみではなく、めまいの場合も考えられますが、何れにしても、血圧の変化がもたらすものとして、対処することが大切です。

 

薬の可能性も大きいことから、高血圧の薬の見直しなども、医師に相談をしてみてください。

 

急な立ちくらみによる怪我などに十分に注意することも、頭に入れておくことが必要かもしれません。
転倒事故などには、気をつけて。

高血圧による立ちくらみの対策

立ちくらみは、脳内に酸素や血液が一時的に途切れた状態を言います。

 

高血圧の場合は、普段は勢いよく血液が流れていますから、立ちくらみは無縁と思うところです。

 

ところが、それが立ちくらみと大いに関係するとされています。
それが、降圧剤の服用です。

 

降圧剤は飲み方が決まっていますが、それを無視して多く飲むことで、急に血圧が下がり過ぎて立ちくらみの症状が出ます。

 

低血圧に多いとされていますが、これは慢性的なものですが、高血圧の方の立ちくらみは、どちらかと言うと故意に起こってしまうと思ってください。

 

そこで、立ちくらみの対策としては、降圧剤の飲み方を正しく行なうことです。

 

ときには、その薬が合わないこともありますから、異常が起きたときにはすぐに医師に相談をすることも立ちくらみの対策になります。

 

高血圧に関しては、勝手な判断は絶対に禁物です。
おかしいと思ったときには、すぐに医師に相談をすることです。

 

立ちくらみやめまい、頭痛はなんとなく同じ原因のようですが、それぞれ違うとされています。

 

特に立ちくらみは、自己判断が大きく左右していますから用法、用量は必ず守ることが、対策とされています。

 

降圧剤の取り扱いは慎重にお願いします。

スポンサードリンク