高血圧と肝臓病の関係

高血圧と肝臓病

スポンサードリンク

高血圧になると、肝臓病に注意が必要です。

 

高血圧というのは、血圧が高い状態を言いますが、なぜ血圧が高くなってしまうか?原因を考えてみましょう。

 

人によってそれぞれですが、最近では生活習慣病として高血圧の症状になる方が急増しています。
要するに、誰でもなる可能性が多くあるということです。

 

高血圧の症状は、血管をいつも刺激していると思ってください。

 

そして、血液そのものも塩分や脂肪分が多い場合が多いのです。

 

そんな血液を流れる不要なもの数多く含まれているわけで、いわゆるドロドロ血液になっています。
それを処理するのが肝臓です。

 

肝臓は、体内あらゆる有害物質を処理していますが、血液内の余計なものももちろん処理しています。

 

その肝臓の働きが、一定のペースで行われると良いのですが、あまりにもドロドロ血液の度合いがひどかったり、他の有害物質が常に多い場合は、肝臓はヒートアップしてしまいます。

 

ただし 肝臓はそう簡単に音を上げない臓器と言われていますから、肝臓病と診断をされた時には、かなり悪化していると思ってください。

 

ですから、高血圧になった時から、肝臓病のリスクを背負っていると言っても良いでしょう。

 

高血圧は他の血液には不要なもの、有害物質が多いということですから、肝臓の仕事を自然と増やしていると言えます。

高血圧による肝臓病の対策

高血圧になると、肝臓病になりやすいとされています。

 

肝臓は、体内においては、毒物を清浄化する科学的な工場とされています。

 

いわゆる肝機能というと、消化液を作ったり、有害物質のろ過、尿を作るといったもので、食べたものが肝臓の機能によって、力になったり、尿として排出される事になるという大切な部分です。

 

高血圧との関係でいえば、血液に含まれる糖がポイントです。

 

糖の多い血液が肝臓を通過するには、この時点で高血圧の症状になっています。

 

そこで糖を分解するために、水分を多く必要とします。

 

肝臓で水分を使われることにより、なお血液内はドロドロになり、高血圧を招くという悪循環になってしまいます。

 

ですから、高血圧であることそのものが肝臓に悪いことになります。

 

少しでも血圧を下げる対策を毎日行なうことで、肝臓を守ることになります。

 

糖といえば、糖尿病も併発することに、ますます肝臓に大きな負担を欠けることになります。

 

高血圧であることで、肝臓病にならないよう肝機能を高める食品を食べたり、飲酒などは極力避ける事が必要になります。

 

こうした対策を無視して、好き放題の生活をしていると、深刻な肝臓病にかかってしまうと同時に、心臓などにも悪影響があります。

スポンサードリンク