高血圧と糖尿病の関係

高血圧による糖尿病

スポンサードリンク

高血圧と仲良しの病気といえば、糖尿病です。

 

いずれも生活習慣病として、片方の病気になってしまうことで、両方の症状が起きてしまうと言われています。

 

どちらも血液の異常なものとして、取り上げられるものですが、高血圧になると、糖尿病にならないようにすることが大切です。

 

高血圧は、血液の流れの勢いが常に良い状態、それによって体に負担をかけますが、糖尿病は血液自体が、体に負担をかけるといった症状になります。

 

糖尿病の方の半数が高血圧と言われています。

 

これは、糖尿病がインスリンの働きが低下してしまうことで、血管そのものを縮めてしまう傾向にあり,そこを流れる血液の勢いがどうしても加速してしまう事にあります。

 

高血圧の診断が先か、糖尿病の診断が先かという問題になってしまいます。

 

高血圧の原因が糖尿病ということも言えますから、両方の症状を緩和、改善をするためには、日々の食生活と運動を欠かすことなく、医師の提案する生活をしっかりと守ることが必要です。

 

薬で何とかしようというのではなく、自身の力で、地道な努力が必要になってきます。

 

血圧を下げること、そして、糖尿病の原因である、糖の摂り過ぎに注意することです。

 

生活習慣病予防の毎日を考えたほうが良いということになります。

スポンサードリンク