血圧が上がると頭痛に

頭痛のときに

頭痛は誰にでも起こる症状ですが、だからといって高血圧とは限りません。

 

しかし、高血圧の方は頭痛を起こしやすいと言われています。
高血圧でお困りの方は頭痛で困っているのも少なくないでしょう。

 

頭痛の原因としては、千差万別と言われていますが、血圧が高いと脳内の血管が急に広がり神経が刺激され、頭が敏感に痛みを感じることになります。

 

普段、あまり血圧が高い方ではない方であっても、急な血圧の変化で頭痛が起こることもあります。なので急に血圧を上げることは危険です。

 

俗に、単なる頭痛の場合、さほど心配することもないことも多いですが、危険な場合として、同時にめまい、意識障害や動悸、けいれんが起きた場合などです。

 

単に血圧のせいだけにではない場合があり、重大な病気になっているか、その前触れの可能性が大きいと言われており高血圧緊急症といって、急激な血圧上昇とともに視力障害が起きた場合、すぐに手当をしないと大変なことになりますから、注意が必要です。

 

頭痛の原因は、血圧だけではないと言えますが、自分の血圧の数値が高いか低いかわからないで頭痛が続く場合、同時にいろいろな症状が伴う場合には、血圧の正しい値を普段から測るようにしてください。そして必ず医師に相談しましょう。

 

 

高血圧の方にとっては、血管に大きなリスクがありますから、高血圧による頭痛は気を付け毎日血圧を測ってみましょう。

高血圧による頭痛の対策

高血圧と頭痛の関係は、よくある症状として抑えられています。

 

ただし、頭痛が必ずしも高血圧が原因ということではなく、高血圧の症状の一つとして考えられています。

 

血圧が高い状態である時に、脳に一気に血液が流れ込み、血管が広がることで、脳の間を走る神経を刺激することが、頭痛を起こすとされています。

 

高血圧の頭痛では、どきんどきんという脈をうったような痛みになることもあります。

 

冷やせば、血管が縮まると思い頭を冷やす対策をとった場合、実は逆効果になります。

 

その冷えが刺激を呼んで、ますます頭痛が激しくなってしまうとされています。

 

こんな時、高血圧の頭痛の対策はただひとつ、血圧を下げるしかありません。

 

高血圧が原因とされる頭痛は、冷やしたり頭痛薬を飲む以前に、降圧剤の服用がよいとされています。

 

しかし、まだ自分は高血圧の診断を受けていなくて、頭痛がするだけのケースでは、降圧剤の存在もなくただ対策に困ってしまいます。

 

ですから、普段頭痛でお悩みの方は、高血圧から来ている頭痛なのかを確認することが先決です。

 

もし、そんなときには、頭痛の対策が変わってきます。

 

高血圧に頭痛はつきもの、そして、その対策も独特だということがいえます。

 

スポンサードリンク

高血圧と頭痛関連ページ

動悸には注意を
高血圧によるめまい、頭痛、動悸など高血圧の症状を分かり易く紹介しています。
高血圧によるめまい
血圧が高い状態がいつまでも続くと、血管内では動脈硬化になってしまいがちでその時には、血管内が傷つき、詰まりやすい状態になっていると言われています。
更年期による高血圧
更年期にかけて、固い血管になることで、高血圧になることがあり、70歳以上の方の場合は、『孤立型収縮期高血圧』の診断を受けることがあります。
高血圧による合併症
心臓は、やはり動脈硬化が進むことで、血管が細くなり、血流が一時的に途絶えて、狭心症になったり、そのまま心筋梗塞になることがあります。
怖い脳梗塞
既に合併症が進んでいることが多く、特に血液の病気である、動脈硬化、脳の異常、腎障害などの症状が主なものでこのときには、高血圧の治療だけではなく、これらの合併症の治療も行うことになります。
動脈硬化との関係
動脈硬化とは、動脈の壁が厚くなって硬くなる症状ですが、こうなることで血管ガ通る道は狭くなってしまいます。
二次高血圧 原因
二次高血圧とは、高血圧の原因が特定されている場合を言います。
耳鳴りには気をつけて
血圧は正常と思っている方も気になる耳鳴りが続く場合は、医師に相談をすることと血圧を測定し直すことをお勧めします。
夜間にも注意を
夜間型の方は、そのまま興奮状態で、眠ることから睡眠障害や動脈硬化が起こりやすくなると言われています。
認知症との関係
血液と血管が脳につながっているわけですから、正常な脳の働きが損なわれ、本来の脳の働きができなくなりボケの症状が出てくると言われています。 ですから、高齢者になればなるほど、高血圧の改善と予防が大切になってきます。
仮面高血圧とは
正しい血圧を知るために、病院で測った時には、医師と良く話をして、自分の正しい血圧を知ることが必要です。
白衣高血圧とは
機械の関係もありますが、あえて白衣高血圧と言うのは、白衣を着衣した方を見ると、血圧が上がってしまうパターンの方を指します。
高血圧と心筋梗塞
突然の血流が止まることで、時には生命の危険もある恐ろしい病気ですが、高血圧の方にとっては、毎日の暮らしの中で、少しでも血液や血管の改善をしておきましょう。
入浴には注意を
高血圧の方が入浴をするときには、暖かい部屋と脱衣所の温度変化を激しくしないことが第一です。
妊娠高血圧症
女性ホルモンの変化により、胎児と自分の体を守るために、血圧も容赦なく高くなったり、と妊娠高血圧症になってしまう可能性が高くなってしまいます。
産後高血圧
出産直後に起こる事が多く、たいてい産後12週くらいまで、高血圧の状態が続く場合は、本格的な高血圧の治療が必要とされています。
立ちくらみ
普段から、血圧が高い方で、脳に多く刺激を与えすぎていることから、急な動作についていけないなどの要因が考えられます。
肝臓病に注意
高血圧の症状は、血管をいつも刺激していると思ってください。 そして、血液そのものも塩分や脂肪分が多い場合が多いのです。
糖尿病との関係
いずれも生活習慣病として、片方の病気になってしまうことで、両方の症状が起きてしまうと言われています。
夜間高血圧に気をつけよう
睡眠中の高血圧を発見をするには、24時間血圧を測らなくてはならないので、発見するには難しいとされています。
心臓病には注意を
血流が勢い良く流れるということは、心臓は常にマックスで働かなくてはならないことになります。