心臓病には血圧の注意を

高血圧と心臓病

高血圧の方は、心臓病に気をつけてください。

 

血流が勢い良く流れるということは、心臓は常にマックスで働かなくてはならないことになります。

 

心臓病には、狭心症や心筋梗塞などがありますが、これらの症状は血管が傷つくことで、少しずつ心臓に負担をかけていくと言われています。

 

血流の中には、豊富な酸素も必要としますが、血管が丈夫でなかったり、しなやかでなかったり、又、血栓ができることで、血流も悪くなり、狭い血管を無理に通そうとする高血圧の血液の場合、心臓にまともに影響を与えると言えます。

 

狭心症や心筋梗塞の前に、血管の病気の動脈硬化がありますが、これも高血圧の方は用心しなくてはならないと言われています。

 

ただでも血流が良い上、血栓ができることで、その上に余計なコレステロールがつもり、血管を塞いでしまう危険性も高く、いきなりの心臓病で、生命の危機もあると言われています。

 

高血圧と診断をされた時点で、心臓病の危険性、心臓に大きな負担を強いていると考えてよいでしょう。

 

人間の体は、加齢と共に血管が硬くなり、細くなると言われています。

 

細くなると血管が閉塞し必然的に高血圧になります。

 

その上、高血圧が加わることで、心臓病のリスクは、かなり高くなってしまうのです。

 

食生活と生活習慣などに気をつけることが大切で、心臓病にならないよう注意することです。

スポンサードリンク

高血圧と心臓病関連ページ

頭痛のときに
普段、あまり血圧が高い方ではない方であっても、急な血圧の変化で頭痛が起こることもあります。なので急に血圧を上げることは危険です。
動悸には注意を
高血圧によるめまい、頭痛、動悸など高血圧の症状を分かり易く紹介しています。
高血圧によるめまい
血圧が高い状態がいつまでも続くと、血管内では動脈硬化になってしまいがちでその時には、血管内が傷つき、詰まりやすい状態になっていると言われています。
更年期による高血圧
更年期にかけて、固い血管になることで、高血圧になることがあり、70歳以上の方の場合は、『孤立型収縮期高血圧』の診断を受けることがあります。
高血圧による合併症
心臓は、やはり動脈硬化が進むことで、血管が細くなり、血流が一時的に途絶えて、狭心症になったり、そのまま心筋梗塞になることがあります。
怖い脳梗塞
既に合併症が進んでいることが多く、特に血液の病気である、動脈硬化、脳の異常、腎障害などの症状が主なものでこのときには、高血圧の治療だけではなく、これらの合併症の治療も行うことになります。
動脈硬化との関係
動脈硬化とは、動脈の壁が厚くなって硬くなる症状ですが、こうなることで血管ガ通る道は狭くなってしまいます。
二次高血圧 原因
二次高血圧とは、高血圧の原因が特定されている場合を言います。
耳鳴りには気をつけて
血圧は正常と思っている方も気になる耳鳴りが続く場合は、医師に相談をすることと血圧を測定し直すことをお勧めします。
夜間にも注意を
夜間型の方は、そのまま興奮状態で、眠ることから睡眠障害や動脈硬化が起こりやすくなると言われています。
認知症との関係
血液と血管が脳につながっているわけですから、正常な脳の働きが損なわれ、本来の脳の働きができなくなりボケの症状が出てくると言われています。 ですから、高齢者になればなるほど、高血圧の改善と予防が大切になってきます。
仮面高血圧とは
正しい血圧を知るために、病院で測った時には、医師と良く話をして、自分の正しい血圧を知ることが必要です。
白衣高血圧とは
機械の関係もありますが、あえて白衣高血圧と言うのは、白衣を着衣した方を見ると、血圧が上がってしまうパターンの方を指します。
高血圧と心筋梗塞
突然の血流が止まることで、時には生命の危険もある恐ろしい病気ですが、高血圧の方にとっては、毎日の暮らしの中で、少しでも血液や血管の改善をしておきましょう。
入浴には注意を
高血圧の方が入浴をするときには、暖かい部屋と脱衣所の温度変化を激しくしないことが第一です。
妊娠高血圧症
女性ホルモンの変化により、胎児と自分の体を守るために、血圧も容赦なく高くなったり、と妊娠高血圧症になってしまう可能性が高くなってしまいます。
産後高血圧
出産直後に起こる事が多く、たいてい産後12週くらいまで、高血圧の状態が続く場合は、本格的な高血圧の治療が必要とされています。
立ちくらみ
普段から、血圧が高い方で、脳に多く刺激を与えすぎていることから、急な動作についていけないなどの要因が考えられます。
肝臓病に注意
高血圧の症状は、血管をいつも刺激していると思ってください。 そして、血液そのものも塩分や脂肪分が多い場合が多いのです。
糖尿病との関係
いずれも生活習慣病として、片方の病気になってしまうことで、両方の症状が起きてしまうと言われています。
夜間高血圧に気をつけよう
睡眠中の高血圧を発見をするには、24時間血圧を測らなくてはならないので、発見するには難しいとされています。