高血圧|塩分は控えよう

なぜ塩分で血圧が高くなるのか

なぜ塩分で血圧が高くなるのか?高血圧の方が、一方的に塩分はダメと言われていますが、理由についてはよくわからない方も多いはず。

 

塩分は、口からはいることで、体内ではナトリウムになり、各細胞に存在します。
一方細胞内には多くのカリウムが存在しています。

 

ナトリウムとカリウムは、成分的には同じミネラルとして、活動しています。

 

この2つの成分は、常に適量があることで、細胞のバランスを保つため交換作業を行っていますが、塩分を多く摂ることで、当然ナトリウムの量が増えます。

 

そこで、細胞内のカリウムとの調整で、ナトリウムが血管に入り込んでいきますが、その先は腎臓に行きます。

 

腎臓では、ある程度の量は処理出来ますが、どうしても多くなることで、ナトリウム利尿ペプチドの形で体内にさまようようになります。

 

このナトリウム利尿ペプチドの存在は、細胞近辺で行われるナトリウムとカリウムの交換作業を阻害してしまうので、今度はナトリウムとカルシウムが交換作業をはじめます。

 

体内にカルシウムが多くなることは、細動脈の血管壁を収縮、要するに血管を細くしてしまいます。

 

その上高血圧の血液が流れることで、血流が激しくなり、動脈硬化を起こしやすくなるわけです。

 

ですから、塩分の多い食事、体内に多くのナトリウムを存在させることは、血圧を上げることになるというわけです。

スポンサードリンク

高血圧|塩分は控えよう関連ページ

血液をサラサラにするには
血液がドロドロになることで、高血圧になることが多いというのは、原因の一つとして挙げることができます。
生活習慣を見直そう
高血圧を下げることで食事に関しては、バランスのとれたものを1日3食摂ること、野菜をふんだんに食べること、甘いもの、お酒などは控えることが大切です。
血圧の測り方
高血圧かどうかの判断は、血圧計による数字が頼りです。自分の血圧が高いかどうか、きちんと確認をしておきましょう。
記録表で良い管理を
高血圧と診断をされたのなら、毎日決まった時間に血圧を測って記録表を作ることをオススメします。
適正な血圧の値を
高血圧の対処法としては、最初に行うのは、自分の適正な血圧の値を知ることです。
温度差には気をつけて
暖かいところから急に寒い環境に体を晒すことで、血管と心臓に大きな影響を与えます。 実は高血圧ではない方にとっても、危険な行為です。